◆◇はじめてのかたへ◇◆

このブログでは、最先端の薄毛治療「HARG療法」の体験レポ&口コミ情報を発信しています。薄若丸は、2010年にHARG治療のおかげで見事に薄毛から回復し、それから9年以上も維持できています! メンテナンス治療も何度となく受けていますが、副作用ももちろんありません。 パチパチ!

■薄若丸ブログの「まとめ」
これさえ読めばOK!「5分でわかる薄若丸HARG物語」としてまとめてみました。

■薄若丸のHARG療法の画像公開!
HARG療法を受けたクリニックで撮影した画像を公開。(初公開時の記事です)

■最初から読む(結構時間がかかります 汗)
最初からご覧になりたい場合はこちら。時間軸に沿った100%ノンフィクションの
HARG療法体験レポートです。

2459.gif
薄若丸へのお悩み相談、HARGのクリニック相談は、この記事を読んでから直接メールをください。また、四谷ローズクリニック・吉澤院長のご厚意により、薄若丸からの紹介者を毎月1名に限り割引価格でご案内する特別割引制度もスタートしています。あわせてお問い合わせください。

2022年03月27日

やっぱり、ダウンライトは苦手です

こんにちは、薄若丸です。

テレワークが当たり前になり、薄若丸も、もうすっかりオンラインミーティングは慣れました。

資料を共有して説明したりなんかしちゃってね キリリッ

でも、先日(といっても去年の12月くらいですが)、調子に乗って外出先のお洒落なコーヒーショップからオンラインミーティングを試みたとき、あやうく悲劇が起きそうになりました。

いつものようにノートPCを開いて、会議のちょうど2分前にzoomを開いて、つながって、さあ、レッツ・オンラインミーティング! ←ダサイ

と思ったら、なんと薄若丸の顔が、いつもと違って薄毛っぽく見えちゃってるじゃありませんか!? すわっ、HARG療法で薄毛は克服したはずなのに!?

もうメンテナンスのおかげもあって、すでに10年も毛髪をキープできているはずでは!?

と思ったら、原因はなんと、

脳天から強烈なダウンライトに照らされていたこと

にありました。ガーン

フンとにもう!

お洒落なコーヒーショップめ!

都内の自治体でどこか「ダウンライト禁止条例」を作ってくれませんかね。
そしたら、薄若丸はそこに引っ越しますから(爆)

ちなみに、イスを少しずらしたら、簡単に問題は解決しました。
そのまま気づかずにオンラインミーティングに入室しなくてよかった(安堵)

、、、と、しょうもないエピソードで失礼しました。
四谷ローズクリニックへの割引紹介制度は継続中です。ブログ(特に初期のほう)をよくご覧になって、メールにてお申し込みください。

薄若丸

2022年03月16日

マスク=顔パンツ!? コロナ明けが怖いというお話

こんにちは、薄若丸です。

マスク生活が当たり前になって、若者たち(とくに女子たち)の間では、

人前でマスクを外すのが恥ずかしい

という感覚になってきているそうです。

なので、自宅からのオンライン会議でもマスクをして参加したり、ランチは感染が怖いというよりはマスク外すのが恥ずかしいから、特定の仲いい人としか行かないのだとか。

薄若丸が見たネットニュースでは、

マスク=顔パンツ

なんて下品な表現で伝えていましたけど(爆)、正直なところ、その感覚は立派な40代のオッサンである薄若丸にも、よ〜くわかります(再爆)

だって、マスク外して「残念な顔」とか思われたくないんだもーん キモ

それで思ったのは、テレワークが明けて、自由に対面で会えるようになったとき、マスクの下の顔と同じようなことが、薄毛に関しても起こりうるのでは、という恐怖です。

「あらら、オンラインミーティングじゃ全然わからなかったけど、思ってたより(薄毛が)キテますね〜」

なんて内心みんなから思われていやしないか・・・と心配しはじめると、もう怖くて怖くて、

コロナ菌、むしろ頑張れ〜(大暴言)

とさえ思ってしまいますよね。

そうならないために、薄毛が気になるならば今のうちに行動を起こすべし!
薄若丸のオススメは、もちろんHARG療法です。

(詳しくはこのブログを熟読してみてください。「四谷ローズクリニック」の特別割引も人数限定ですが継続しています)

薄若丸

2022年03月05日

薄毛の芸人さん

こんにちは、薄若丸です。

昔に比べると、薄毛を隠さずに堂々とテレビに出まくっているタレントさんが、特に芸人さんでは増えてきました。

我々一般人でも、コロナ禍でテレワークが増えて出張が激減してオンラインミーティングが当たり前になった今、薄毛のとらえ方も変わってくるのかもしれません。

でも、今すぐに

薄毛も個性!

と割り切れる人は、まだまだ少ないと思います。

いくら薄毛が世間に許容されてきたとはいえ、その人の雰囲気やこれまでのキャラクターやらで、薄毛が許される人と難しい人がいるでしょう。

そもそも、薄毛の進行がその人の顔だちに似合っていればいいですけれど、なかなかそううまくはいかないものです。

仮に周囲が許容していても(そもそも人の薄毛を、許すも許さないもありませんケド)、本人が納得できない場合がほとんどだと思います。

薄若丸も、

薄毛が絶望的に似合わない
(とにかくみずぼらしい オッサン もしくは気持ち悪い ヘンタイ ・・・絶望)

です。

というか、「うまく年齢を重ねたシブい男」って感じにハゲていく人って、なかなか周りにもいませんよね(爆)

というわけで、薄若丸は、HARG療法に出会ってよかった!とココロの底から思っています。
まだまだメジャーな治療方法とは言えないかもしれませんが、多くの人に知ってほしくてこのブログを続けています。

薄若丸

2022年02月20日

春に向けてHARG治療は今が最適シーズン?

こんにちは、薄若丸です。

「HARG療法は、いつ始めるのがいいですか?」

という質問をよくいただきます。

ご安心ください。
薄若丸は「今でしょ」みたいなウザい返事はしませんよー。

率直に言って、HARG療法は治療開始からすぐに効果が出る薄毛治療ではないので(というかカツラや植毛以外で、そんなすぐ効果が出る薄毛治療があれば教えて欲しいです)、今からカウンセリングを受けてすぐに治療を開始したとしても、春にはまず間に合いません。ガーン

でもですよ、春に間に合わないからといってHARG療法をスタートさせなかったら、薄毛はどんどん進行するばかりです。逆に、今始めれば、春には間に合わないけど、秋にはきっと結果が感じられるはずです。

薄毛が進行するタイミングについては、「秋ごろ抜け毛が増える」とか「夏の汗が悪影響」とか「いやいや、寝不足や暴飲暴食、仕事のストレスが原因」とか諸説あります。

でもこれらについては薄若丸は懐疑的で、むしろ「ほぼ遺伝じゃないかな」と思っています。つまり、薄毛が進行するタイミングって、特定のきっかけとかではなくて「薄毛が進む → マシになる → 進む → マシになる(以下ループ)」というのが正解だと思います。

ということは、「HARG療法は、いつ始めるのがいいですか?」の回答は、

気になったら始めどき

っていう、これまたウザい感じの回答が正解ですね、きっと(爆)

薄若丸

2022年02月09日

薄毛にはコロナなんて関係ない…のだ!

こんにちは、薄若丸です。

コロナ禍が始まって以来(もう2年になります・・・)、ブログの更新がすっかり滞ってしまいました。

今でも、「もう少し世の中が落ち着くまでじっとしておこう」という気持ちもあります。
仕事のほうも、それなりに会社がバタバタしてその対応に追われたりしていました。←ミンナ、ソウダヨネ

でも、先日ふと、いただいた相談メールへの返信をしていて、この放置された薄若丸のブログを見てて、思ったんです。

薄毛はコロナなんて関係ない! ババーン

ということを。
いや大げさだし、そりゃそうだろって話なんですが(爆)

というわけで、私がかつてHARGの薄毛治療でお世話になった「四谷ローズクリニック」の吉澤院長(HARG治療の第一人者)に、生存確認がてら連絡してみたところ(←失礼か)、コロナ禍であっても変わらずお元気でHARG治療を続けていらっしゃいました。パチパチッ

(いや、冗談ですよ、本当はときどきメールもいただいていたので、お元気なのは知っていました。)

コロナ禍でも変わらずHARG療法の人気は高くて、もともと完全予約制だから密にもならない安心感もあって、クリニック受診者は減っていないんだそうです。

なんと、HARG療法、強し!

やっぱり薄若丸が薄毛の恐怖から脱却できたHARG療法だけのことはあるぞ、と誇らしくなりました ←ワタシハ、ナニモシテイナイケド

薄若丸

2022年01月28日

すっかりご無沙汰ですが、新年おめでとうございます

こんにちは、薄若丸です。

コロナ禍の荒波に翻弄されて、このブログの更新がすっかり滞っておりました。
いろいろ大変なことはありますが、薄若丸はなんとか元気です!

気になる髪の毛のほうも、HARG治療のおかげで、大きく変わりなく「現状キープ」が続いています イエーイ

ブログ停滞中もHARG治療について、いくつかご質問や相談をいただいていました。ペコリ
その際にもお答えしていましたが、四谷ローズクリニックへの特別割引紹介制度は、コロナ禍においても継続しております。

クリニックではコロナに関係なく、もとから感染症などの予防対策は講じていましたが、手指の消毒などさらに徹底した対策を実施されていますので、安心して治療を受けられると思います。

というか、そこらへんのお店と違って、医療機関ですからね。
餅は餅屋というか、その道のプロなわけです。心配ご無用というわけです。
大きな口を開けざるをえない歯医者さんでさえクラスター発生が皆無なのも、同じ理由ですね。

というわけで、ご質問・ご相談、引き続きお受けしております。
新年あけまして(・・・からもう1ヶ月たちますが 汗)おめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

薄若丸

posted by 薄若丸 at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせなど

2020年12月02日

リモート会議で人の顔をジロジロ!?

こんにちは、薄若丸です。

2020年も師走になってしまい、残すところもう1か月もありません。
今年に限っては、たいがいの悪いことは「コロナのせい」にできそうですけど(爆)、ほんとうに身の回りでもいい話を少しも聞きませんね。。。

薄若丸の勤める会社でもリモート会議とか増えてきて、
やれズームだチームだ、と毎週のように何かしらWeb会議をしています。

で、思ったんですけど、このWeb会議って自分の顔も表示されるんですけど、
その顔を見るたびに、疲れてるように見えたり
「ああ、なんか老けたなあ(爆)」って思ってしまいます。

自分の顔なんで、毎日、歯を磨くときとか鏡でチラッとは見ているはずですが、
ウェブ会議のときに見ると、リアルに老けて見えるんです。。。

薄若丸の場合は、その原因は主に目尻のシワと顔のシミです。
HARG療法のおかげで薄毛からは脱出できたのでまだマシなんだと
思いますけど、それでもやっぱり人間は老けていきますね。

これがもしも、髪の毛も薄かったら、、、、と思うとゾッとします。

で、もう一つ思ったのは、Web会議って、かわいい女子がしゃべってると
オッサン(薄若丸)はついついガン見しちゃうってこと(マジキモ!)

さすがにしゃべっていないときまでジロジロ見ることは自粛していますが
でもリアルの会議じゃここまで見ないでしょってくらい見てる気がする(怖いってば)。

そして、ここから本題ですけど(← え!?)
中年の男がしゃべっているときはついつい「ハゲていないかチェック」をしてしまいます(爆)

「はは〜ん、こいつはまだ若いけど40代は危ないな」

とか、

「黒々して針金みたいな剛毛だな(チキショーメ)」

とか。

ってことは、きっと多分、薄若丸がしゃべっているときは他の連中は

「こいつ薄毛になりそうで、進行しないなあ」

と思ってるはず!(自慢)。

もしくは単純に「話がなげーよ」ってくらいしか思われてないかもしれませんけど(爆)

というわけで、リモート会議中は薄毛の詮索にご注意を!

ってお話でした。

薄毛が気になっている人は、このコロナ禍のどさくさのタイミングを逃さず、
HARG治療の期間にあてることを強くおすすめします!


薄若丸

2020年06月06日

在宅ワークの増加は薄毛に良いか、悪いか?

こんにちは、薄若丸です。

新型コロナウイルスの影響で、薄若丸もこの4・5月は、在宅で仕事をする機会がぐんと増えました。
今回は、この在宅勤務の増加がAGA(薄毛)に悩む人にとって良いか悪いかを考えてみたいと思います。

まずは「悪い点」から。
(ネガティブ思考な薄若丸は、悪い点から頭に浮かびます 爆)

・外出ができなくてストレスが増える → 髪の毛に悪い
・運動不足で体が衰える → 血行不良で髪の毛に悪い
・メール中心だと意思疎通が難しくてストレス → 当然、髪の毛に悪い
・食事がマンネリになってくる → 髪の毛に(以下省略)
・ZOOM飲みでつまんないのに結構飲んじゃう → 髪(さらに略)
・ひまだからエッチな動画とか見ちゃう → 完全省略

というわけで、いくらでも出てきます(爆)

解決策としては、毎日決まった運動を自分に課して、
料理のレパートリーを増やし、メールにイライラせず、
エッチな動画も見ない(爆)、ってそれもう無理ですよね。

それでは「良い点」はどうでしょう?

・人に会わないので「薄毛がバレるかも」の心配が減る
・オンラインミーティングだったら薄毛はなんとか隠せそうかも
・こっそり抜け出してHARGの治療にも行けそうだ!

と3つくらいしか思い浮かびません・・・。

しかも、このうち上の2つについては、同時に
「実際に会ったらビックリされるかも・・・」
みたいな不安がより増幅されていくので、
実は「良いこと」とは言えないかもしれません。

やっぱり在宅ワークが増えて、一つだけいいことを挙げるとすれば、
今のうちに薄毛の治療をしておける
ということに尽きると思います。

もちろん、外出はしないに越したことはありません。
でも、行き帰りさえ気を付ければ、クリニックの中はさすがに医療関係者が
対策をしているわけで、しかも具合の悪い人はAGAのクリニックには
わざわざ来ないでしょうから、院内感染の心配はゼロと考えてよさそうです。

成功するためには人と逆のことをしろ」とか
言いたいわけじゃないですが、こんな大変な時期だからこそ、
言葉は悪いですがどさくさにまぎれて
やっておいたほうがいいことの一つが「薄毛治療」なのでは
と、薄若丸は思います。

そしてもしHARGを検討されるなら、薄若丸にご連絡ください。

2020年06月01日

AGAのリモート診療って大丈夫??

こんにちは、薄若丸です。

新型コロナウイルス感染症の拡大によって、ZOOMやSkype、Google Meetなど、
オンラインで人と人が面会することへのハードルが、一気に下がりました。

薄若丸も、ここ1か月は特に結構な頻度で、仕事でもプライベートでも、
オンライン上で人と会って話しています。

で、これに乗じて「AGAのリモート診療」でひと儲けしようとたくらんでいる
悪い人たちがたくさんいますので、気を付けましょう!というお話です。

きっと薄毛に悩んでいる人たちは、「クリニックに出入りする姿を見られる
心配もないし、短時間でプロペシアか何かを処方してもらえたらいいよね」

くらいに考えているのだと思います。

けど、ZOOMの粗い映像でわかる程度の簡単な診察で本当にいいんでしょうか。
少なくとも頭皮の状態とか実際に見て触れて診察してもらわなくて大丈夫?

薄若丸がHARG療法を受けたクリニックは、院長先生がすべての患者を初診から
毎回の治療まで100%見てくれます。若い医師に任せたり、「こいつ誰?」
みたいな人が出てきて注射してきたり(爆)といったことは、絶対にありません。

今、コロナのせいで、人に接するのが怖いという気持ちもわかりますけど、
まあでも考えてみたら、その辺の対策をきちんとできないようなクリニックって、
そもそもどうなのよ、って思ってしまいます。

離島や僻地の医療、そして新型コロナなどの感染症対策として大注目のリモート医療ですが、
AGAに急いで普及させなくてもいいんじゃない? なんかまたお金儲けようとしてません?
と疑ってしまう、薄若丸でした。

2020年05月09日

「コロナ抜け毛」がトレンドワードに…(鬱)

こんにちは、薄若丸です。

新型コロナウイルス感染拡大予防のための外出自粛が続く今日この頃、
毎日ただでさえ気が晴れないのに、いやーな話題が飛び込んできました。

コロナ抜け毛」なるものが流行っているとか、いないとか。

なんだそりゃ。

どうやら、テレ朝のニュースが取り上げたらしいんですが、
「長引く外出自粛で生活のリズムが乱れて抜け毛が増えるという
『コロナ抜け毛』に悩む人が増えている」んだといいます。

ほんまかいな。というか、何でもコロナのせいにすんなよ!
と思いつつも、そういうこともあるかもなあ、と、よくよく報道の内容を
調べてみましたところ、これ、何のことはない、
某育毛サロンによる抜け毛の遠隔診断の宣伝ですよね(爆)。

それらしく専門家に聞いてみたりしてますけど、「気になる人はリモートで
診断もできますよ」という結論に導かれていて、素直じゃない薄若丸は
「ははーん、そういうことねー」と思ってしまいました。

しかも、そのあとには、コロナのせいで眼精疲労を訴える人が多いとかで、
どこかのメガネ屋さんが開発したという、
「メガネにつけるクリップ式の老眼レンズ」みたいなものまで紹介してて、
「あーここは宣伝タイムなわけですね」と妙に納得(爆)。

しかし、こういう遠隔診断で適当に(適当じゃないかもしれませんけど)
「禿げてますね、じゃあ、お薬を宅急便で送りますねー」みたいなのが
どんどん増えてきたら、ちょっと雑すぎて怖いですね。

いずれにしても、新型コロナウイルスの流行が一日も早く終息しますように願います。

薄若丸

2022年03月27日

やっぱり、ダウンライトは苦手です

こんにちは、薄若丸です。

テレワークが当たり前になり、薄若丸も、もうすっかりオンラインミーティングは慣れました。

資料を共有して説明したりなんかしちゃってね キリリッ

でも、先日(といっても去年の12月くらいですが)、調子に乗って外出先のお洒落なコーヒーショップからオンラインミーティングを試みたとき、あやうく悲劇が起きそうになりました。

いつものようにノートPCを開いて、会議のちょうど2分前にzoomを開いて、つながって、さあ、レッツ・オンラインミーティング! ←ダサイ

と思ったら、なんと薄若丸の顔が、いつもと違って薄毛っぽく見えちゃってるじゃありませんか!? すわっ、HARG療法で薄毛は克服したはずなのに!?

もうメンテナンスのおかげもあって、すでに10年も毛髪をキープできているはずでは!?

と思ったら、原因はなんと、

脳天から強烈なダウンライトに照らされていたこと

にありました。ガーン

フンとにもう!

お洒落なコーヒーショップめ!

都内の自治体でどこか「ダウンライト禁止条例」を作ってくれませんかね。
そしたら、薄若丸はそこに引っ越しますから(爆)

ちなみに、イスを少しずらしたら、簡単に問題は解決しました。
そのまま気づかずにオンラインミーティングに入室しなくてよかった(安堵)

、、、と、しょうもないエピソードで失礼しました。
四谷ローズクリニックへの割引紹介制度は継続中です。ブログ(特に初期のほう)をよくご覧になって、メールにてお申し込みください。

薄若丸

2022年03月16日

マスク=顔パンツ!? コロナ明けが怖いというお話

こんにちは、薄若丸です。

マスク生活が当たり前になって、若者たち(とくに女子たち)の間では、

人前でマスクを外すのが恥ずかしい

という感覚になってきているそうです。

なので、自宅からのオンライン会議でもマスクをして参加したり、ランチは感染が怖いというよりはマスク外すのが恥ずかしいから、特定の仲いい人としか行かないのだとか。

薄若丸が見たネットニュースでは、

マスク=顔パンツ

なんて下品な表現で伝えていましたけど(爆)、正直なところ、その感覚は立派な40代のオッサンである薄若丸にも、よ〜くわかります(再爆)

だって、マスク外して「残念な顔」とか思われたくないんだもーん キモ

それで思ったのは、テレワークが明けて、自由に対面で会えるようになったとき、マスクの下の顔と同じようなことが、薄毛に関しても起こりうるのでは、という恐怖です。

「あらら、オンラインミーティングじゃ全然わからなかったけど、思ってたより(薄毛が)キテますね〜」

なんて内心みんなから思われていやしないか・・・と心配しはじめると、もう怖くて怖くて、

コロナ菌、むしろ頑張れ〜(大暴言)

とさえ思ってしまいますよね。

そうならないために、薄毛が気になるならば今のうちに行動を起こすべし!
薄若丸のオススメは、もちろんHARG療法です。

(詳しくはこのブログを熟読してみてください。「四谷ローズクリニック」の特別割引も人数限定ですが継続しています)

薄若丸

2022年03月05日

薄毛の芸人さん

こんにちは、薄若丸です。

昔に比べると、薄毛を隠さずに堂々とテレビに出まくっているタレントさんが、特に芸人さんでは増えてきました。

我々一般人でも、コロナ禍でテレワークが増えて出張が激減してオンラインミーティングが当たり前になった今、薄毛のとらえ方も変わってくるのかもしれません。

でも、今すぐに

薄毛も個性!

と割り切れる人は、まだまだ少ないと思います。

いくら薄毛が世間に許容されてきたとはいえ、その人の雰囲気やこれまでのキャラクターやらで、薄毛が許される人と難しい人がいるでしょう。

そもそも、薄毛の進行がその人の顔だちに似合っていればいいですけれど、なかなかそううまくはいかないものです。

仮に周囲が許容していても(そもそも人の薄毛を、許すも許さないもありませんケド)、本人が納得できない場合がほとんどだと思います。

薄若丸も、

薄毛が絶望的に似合わない
(とにかくみずぼらしい オッサン もしくは気持ち悪い ヘンタイ ・・・絶望)

です。

というか、「うまく年齢を重ねたシブい男」って感じにハゲていく人って、なかなか周りにもいませんよね(爆)

というわけで、薄若丸は、HARG療法に出会ってよかった!とココロの底から思っています。
まだまだメジャーな治療方法とは言えないかもしれませんが、多くの人に知ってほしくてこのブログを続けています。

薄若丸

2022年02月20日

春に向けてHARG治療は今が最適シーズン?

こんにちは、薄若丸です。

「HARG療法は、いつ始めるのがいいですか?」

という質問をよくいただきます。

ご安心ください。
薄若丸は「今でしょ」みたいなウザい返事はしませんよー。

率直に言って、HARG療法は治療開始からすぐに効果が出る薄毛治療ではないので(というかカツラや植毛以外で、そんなすぐ効果が出る薄毛治療があれば教えて欲しいです)、今からカウンセリングを受けてすぐに治療を開始したとしても、春にはまず間に合いません。ガーン

でもですよ、春に間に合わないからといってHARG療法をスタートさせなかったら、薄毛はどんどん進行するばかりです。逆に、今始めれば、春には間に合わないけど、秋にはきっと結果が感じられるはずです。

薄毛が進行するタイミングについては、「秋ごろ抜け毛が増える」とか「夏の汗が悪影響」とか「いやいや、寝不足や暴飲暴食、仕事のストレスが原因」とか諸説あります。

でもこれらについては薄若丸は懐疑的で、むしろ「ほぼ遺伝じゃないかな」と思っています。つまり、薄毛が進行するタイミングって、特定のきっかけとかではなくて「薄毛が進む → マシになる → 進む → マシになる(以下ループ)」というのが正解だと思います。

ということは、「HARG療法は、いつ始めるのがいいですか?」の回答は、

気になったら始めどき

っていう、これまたウザい感じの回答が正解ですね、きっと(爆)

薄若丸

2022年02月09日

薄毛にはコロナなんて関係ない…のだ!

こんにちは、薄若丸です。

コロナ禍が始まって以来(もう2年になります・・・)、ブログの更新がすっかり滞ってしまいました。

今でも、「もう少し世の中が落ち着くまでじっとしておこう」という気持ちもあります。
仕事のほうも、それなりに会社がバタバタしてその対応に追われたりしていました。←ミンナ、ソウダヨネ

でも、先日ふと、いただいた相談メールへの返信をしていて、この放置された薄若丸のブログを見てて、思ったんです。

薄毛はコロナなんて関係ない! ババーン

ということを。
いや大げさだし、そりゃそうだろって話なんですが(爆)

というわけで、私がかつてHARGの薄毛治療でお世話になった「四谷ローズクリニック」の吉澤院長(HARG治療の第一人者)に、生存確認がてら連絡してみたところ(←失礼か)、コロナ禍であっても変わらずお元気でHARG治療を続けていらっしゃいました。パチパチッ

(いや、冗談ですよ、本当はときどきメールもいただいていたので、お元気なのは知っていました。)

コロナ禍でも変わらずHARG療法の人気は高くて、もともと完全予約制だから密にもならない安心感もあって、クリニック受診者は減っていないんだそうです。

なんと、HARG療法、強し!

やっぱり薄若丸が薄毛の恐怖から脱却できたHARG療法だけのことはあるぞ、と誇らしくなりました ←ワタシハ、ナニモシテイナイケド

薄若丸

2022年01月28日

すっかりご無沙汰ですが、新年おめでとうございます

こんにちは、薄若丸です。

コロナ禍の荒波に翻弄されて、このブログの更新がすっかり滞っておりました。
いろいろ大変なことはありますが、薄若丸はなんとか元気です!

気になる髪の毛のほうも、HARG治療のおかげで、大きく変わりなく「現状キープ」が続いています イエーイ

ブログ停滞中もHARG治療について、いくつかご質問や相談をいただいていました。ペコリ
その際にもお答えしていましたが、四谷ローズクリニックへの特別割引紹介制度は、コロナ禍においても継続しております。

クリニックではコロナに関係なく、もとから感染症などの予防対策は講じていましたが、手指の消毒などさらに徹底した対策を実施されていますので、安心して治療を受けられると思います。

というか、そこらへんのお店と違って、医療機関ですからね。
餅は餅屋というか、その道のプロなわけです。心配ご無用というわけです。
大きな口を開けざるをえない歯医者さんでさえクラスター発生が皆無なのも、同じ理由ですね。

というわけで、ご質問・ご相談、引き続きお受けしております。
新年あけまして(・・・からもう1ヶ月たちますが 汗)おめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

薄若丸

posted by 薄若丸 at 15:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせなど

2020年12月02日

リモート会議で人の顔をジロジロ!?

こんにちは、薄若丸です。

2020年も師走になってしまい、残すところもう1か月もありません。
今年に限っては、たいがいの悪いことは「コロナのせい」にできそうですけど(爆)、ほんとうに身の回りでもいい話を少しも聞きませんね。。。

薄若丸の勤める会社でもリモート会議とか増えてきて、
やれズームだチームだ、と毎週のように何かしらWeb会議をしています。

で、思ったんですけど、このWeb会議って自分の顔も表示されるんですけど、
その顔を見るたびに、疲れてるように見えたり
「ああ、なんか老けたなあ(爆)」って思ってしまいます。

自分の顔なんで、毎日、歯を磨くときとか鏡でチラッとは見ているはずですが、
ウェブ会議のときに見ると、リアルに老けて見えるんです。。。

薄若丸の場合は、その原因は主に目尻のシワと顔のシミです。
HARG療法のおかげで薄毛からは脱出できたのでまだマシなんだと
思いますけど、それでもやっぱり人間は老けていきますね。

これがもしも、髪の毛も薄かったら、、、、と思うとゾッとします。

で、もう一つ思ったのは、Web会議って、かわいい女子がしゃべってると
オッサン(薄若丸)はついついガン見しちゃうってこと(マジキモ!)

さすがにしゃべっていないときまでジロジロ見ることは自粛していますが
でもリアルの会議じゃここまで見ないでしょってくらい見てる気がする(怖いってば)。

そして、ここから本題ですけど(← え!?)
中年の男がしゃべっているときはついつい「ハゲていないかチェック」をしてしまいます(爆)

「はは〜ん、こいつはまだ若いけど40代は危ないな」

とか、

「黒々して針金みたいな剛毛だな(チキショーメ)」

とか。

ってことは、きっと多分、薄若丸がしゃべっているときは他の連中は

「こいつ薄毛になりそうで、進行しないなあ」

と思ってるはず!(自慢)。

もしくは単純に「話がなげーよ」ってくらいしか思われてないかもしれませんけど(爆)

というわけで、リモート会議中は薄毛の詮索にご注意を!

ってお話でした。

薄毛が気になっている人は、このコロナ禍のどさくさのタイミングを逃さず、
HARG治療の期間にあてることを強くおすすめします!


薄若丸

2020年06月06日

在宅ワークの増加は薄毛に良いか、悪いか?

こんにちは、薄若丸です。

新型コロナウイルスの影響で、薄若丸もこの4・5月は、在宅で仕事をする機会がぐんと増えました。
今回は、この在宅勤務の増加がAGA(薄毛)に悩む人にとって良いか悪いかを考えてみたいと思います。

まずは「悪い点」から。
(ネガティブ思考な薄若丸は、悪い点から頭に浮かびます 爆)

・外出ができなくてストレスが増える → 髪の毛に悪い
・運動不足で体が衰える → 血行不良で髪の毛に悪い
・メール中心だと意思疎通が難しくてストレス → 当然、髪の毛に悪い
・食事がマンネリになってくる → 髪の毛に(以下省略)
・ZOOM飲みでつまんないのに結構飲んじゃう → 髪(さらに略)
・ひまだからエッチな動画とか見ちゃう → 完全省略

というわけで、いくらでも出てきます(爆)

解決策としては、毎日決まった運動を自分に課して、
料理のレパートリーを増やし、メールにイライラせず、
エッチな動画も見ない(爆)、ってそれもう無理ですよね。

それでは「良い点」はどうでしょう?

・人に会わないので「薄毛がバレるかも」の心配が減る
・オンラインミーティングだったら薄毛はなんとか隠せそうかも
・こっそり抜け出してHARGの治療にも行けそうだ!

と3つくらいしか思い浮かびません・・・。

しかも、このうち上の2つについては、同時に
「実際に会ったらビックリされるかも・・・」
みたいな不安がより増幅されていくので、
実は「良いこと」とは言えないかもしれません。

やっぱり在宅ワークが増えて、一つだけいいことを挙げるとすれば、
今のうちに薄毛の治療をしておける
ということに尽きると思います。

もちろん、外出はしないに越したことはありません。
でも、行き帰りさえ気を付ければ、クリニックの中はさすがに医療関係者が
対策をしているわけで、しかも具合の悪い人はAGAのクリニックには
わざわざ来ないでしょうから、院内感染の心配はゼロと考えてよさそうです。

成功するためには人と逆のことをしろ」とか
言いたいわけじゃないですが、こんな大変な時期だからこそ、
言葉は悪いですがどさくさにまぎれて
やっておいたほうがいいことの一つが「薄毛治療」なのでは
と、薄若丸は思います。

そしてもしHARGを検討されるなら、薄若丸にご連絡ください。

2020年06月01日

AGAのリモート診療って大丈夫??

こんにちは、薄若丸です。

新型コロナウイルス感染症の拡大によって、ZOOMやSkype、Google Meetなど、
オンラインで人と人が面会することへのハードルが、一気に下がりました。

薄若丸も、ここ1か月は特に結構な頻度で、仕事でもプライベートでも、
オンライン上で人と会って話しています。

で、これに乗じて「AGAのリモート診療」でひと儲けしようとたくらんでいる
悪い人たちがたくさんいますので、気を付けましょう!というお話です。

きっと薄毛に悩んでいる人たちは、「クリニックに出入りする姿を見られる
心配もないし、短時間でプロペシアか何かを処方してもらえたらいいよね」

くらいに考えているのだと思います。

けど、ZOOMの粗い映像でわかる程度の簡単な診察で本当にいいんでしょうか。
少なくとも頭皮の状態とか実際に見て触れて診察してもらわなくて大丈夫?

薄若丸がHARG療法を受けたクリニックは、院長先生がすべての患者を初診から
毎回の治療まで100%見てくれます。若い医師に任せたり、「こいつ誰?」
みたいな人が出てきて注射してきたり(爆)といったことは、絶対にありません。

今、コロナのせいで、人に接するのが怖いという気持ちもわかりますけど、
まあでも考えてみたら、その辺の対策をきちんとできないようなクリニックって、
そもそもどうなのよ、って思ってしまいます。

離島や僻地の医療、そして新型コロナなどの感染症対策として大注目のリモート医療ですが、
AGAに急いで普及させなくてもいいんじゃない? なんかまたお金儲けようとしてません?
と疑ってしまう、薄若丸でした。

2020年05月09日

「コロナ抜け毛」がトレンドワードに…(鬱)

こんにちは、薄若丸です。

新型コロナウイルス感染拡大予防のための外出自粛が続く今日この頃、
毎日ただでさえ気が晴れないのに、いやーな話題が飛び込んできました。

コロナ抜け毛」なるものが流行っているとか、いないとか。

なんだそりゃ。

どうやら、テレ朝のニュースが取り上げたらしいんですが、
「長引く外出自粛で生活のリズムが乱れて抜け毛が増えるという
『コロナ抜け毛』に悩む人が増えている」んだといいます。

ほんまかいな。というか、何でもコロナのせいにすんなよ!
と思いつつも、そういうこともあるかもなあ、と、よくよく報道の内容を
調べてみましたところ、これ、何のことはない、
某育毛サロンによる抜け毛の遠隔診断の宣伝ですよね(爆)。

それらしく専門家に聞いてみたりしてますけど、「気になる人はリモートで
診断もできますよ」という結論に導かれていて、素直じゃない薄若丸は
「ははーん、そういうことねー」と思ってしまいました。

しかも、そのあとには、コロナのせいで眼精疲労を訴える人が多いとかで、
どこかのメガネ屋さんが開発したという、
「メガネにつけるクリップ式の老眼レンズ」みたいなものまで紹介してて、
「あーここは宣伝タイムなわけですね」と妙に納得(爆)。

しかし、こういう遠隔診断で適当に(適当じゃないかもしれませんけど)
「禿げてますね、じゃあ、お薬を宅急便で送りますねー」みたいなのが
どんどん増えてきたら、ちょっと雑すぎて怖いですね。

いずれにしても、新型コロナウイルスの流行が一日も早く終息しますように願います。

薄若丸

薄毛に悩む30代AGAサラリーマン薄若丸がHARG療法(ハーグ療法)に挑戦し、薄毛状態から回復できた履歴を記録として書き綴ったブログです。
おかげさまで、こんな感じ(↓)に回復しましたヽ(*^ω^*)ノヤッター

1kaime.JPG4kaime.JPG

【画像】HARG療法(ハーグ療法)治療前と治療後の比較画像(薄若丸)
薄若丸の治療前、治療後の詳細比較写真です