2017年11月22日

AGAクリニックに長く通われている皆さんへ(そのまま続けるのですか?)

こんにちは、薄若丸です。

最近のお悩み相談メールで増えているのが、こんな例です。


「AGA治療を1年以上やっているけど、効果があるような、ないような・・・」

「とはいえ、今の治療を止める勇気もなく、どうしてよいものやら・・・」



なんとも、煮え切らない悩みなんですが、「悩み」っていうのはそもそもが「煮え切らないもの」だから、そこは言っても仕方ないですよね(小爆)

でも、こういった1〜3年間、AGAクリニックに通って、プロペシアなどの治療を根気よく続けている人って、かなりの数いらっしゃるようです。

現状の髪の状態には不満足だけど、でも効果がゼロかというと、そうでもない。長年続けることは副作用(多毛、ED)も心配だけど、かといって今AGAクリニックでの治療をやめて髪がボロボロ抜け出したら・・・なんて考えると、ま、ま・・もうちょっとだけ今のまま治療を続けてみようかしら。あのクリニックのナースは美人揃いだしなあ(ハート爆)。

。。。という気持ち気持ちで治療を続けている人からのご相談が多いのです。

そんなとき、HARG療法には、おすすめするだけのメリットがあると、改めて感じます。
プロペシアよりも1回の会計で支払う額は大きいですが、こうして何年も治療を続けなくてはならないという状況を考えれば、HARG療法とプロペシア、どっちがお得かはお分かりになるはずです。(←このブログでもしつこいくらい書いています)

というわけで、年末が近づいていますが、今年いっぱいは恐らく四谷ローズクリニックでの割引制度を若干名ずつですが継続してもらえそうですので、踏ん切りつけたい人はぜひメールをください!!

薄若丸


2017年10月06日

【告知】追加で1名、募集します!

こんにちは、薄若丸です。

すみません、ちょっと明日の朝早いのと今日はもう疲れたので手短に。(ちなみにお酒は飲んでいません!)

ご好評の「四谷ローズクリニック特別割引制度」ですが、今月もう一人追加でお受けできることになりました。
ご希望の方は、リンク先の記事をよく読んだうえで、薄若丸にメールしてください。

HARG療法が気になっていて、じつは「何かきっかけを待っている」ような状況のかたは、特にお得だと思います!

薄若丸
posted by 薄若丸 at 00:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせなど

2017年09月11日

抜け毛の本数を数えたらアウト!

こんにちは、薄若丸です。

(唐突ですが)今日はもろもろ仕事の都合で汗をかくことが多かったせいか、お風呂でのシャンプー時にいつもより抜け毛が多かったような気がしました。

でも、ここで注意すべきは、「決して抜け毛を数えてはならない!」ということ。

これ、薄毛の金言・格言の一つだと思います(爆)

「昔、抜け毛を数えた若者がおってな・・・」から始まる昔話があってもいいくらいに、強く広めたい教え(?)です。

といいつつ、薄若丸も今日は、「うわー結構、汗かいたからかな、抜けてるなあ、3本、4本、5本、6本・・・おっとっとダメだダメだ」と思い直してシャワーで流して「見なかったこと」にしてきたばかりです。

では、「なぜダメか」というと答えは単純で、「抜け毛の本数を数えてもメリットが一つもなくてデメリットだらけだから」です。

【デメリット】
・抜け毛の本数を正確に数えるのは結構大変
・そのあいだ、ずっと嫌な気持ちになっている
・たった一日数えても、意味がない
・でも毎日数えてグラフ化とかしたら、鬱になりそう
・結局、抜け毛の本数だけでは素人は何も診断できない

【メリット】
・とくになし


( ↑ )ざっとまとめるとこうなります(爆)

さらにネットなどで調べると、、、

「本数ではなくて短い毛が混ざっていたらヤバい」

「細〜い産毛(うぶげ)がいちばん赤信号!」


とか、どんどん深みにハマります。薄毛の泥沼にハメられます。

どうかみなさん、「今日は抜け毛多いかな」と思ったら
「薄若丸は元気かな」とか(謎)、別のことを考えてみてくださいね。
今日はなぜか気になった抜け毛の話でした。

薄若丸

四谷ローズクリニックの特別割引制度ですが、只今、「キャンセル」が出てますので、ご希望者は申込みメールをお願いします。

2017年09月01日

ヘアサロンで薄毛の悩みを相談すると「大事な客」として扱われる件

こんにちは、薄若丸です。

薄毛に悩み始めた頃、薄若丸はヘアサロン(というより散髪屋さんといったほうが似合うような、お洒落感ゼロのお店ですが。。。爆)に行くのがとにかく苦痛でした。

短くすると薄毛が目立つかもという恐怖があるし、かといって長髪でもペタッとしてしまいそうで、なんとオーダーすればよいのやら。結局いつも、「前回と同じでさっぱりしてください」くらいしか言えない・・・。

でも、HARG療法で薄毛から脱出できた今は、違います! エヘンッ

あえて自分から「ちょっと薄毛も気になるんで、なるべく目立たないような長さにしてください」なんて言ってオーダーしています。

(そうすると、美容師のお兄さんが「いや、薄若丸さん、まだそんなに心配しなくてもぜんぜん薄毛じゃないですよ」とか言ってくれるのが嬉しかったりもします。なんと複雑なオヤジゴコロ・・・爆!)

で、薄毛を心配していることを積極的に口にしていると(といいつつHARG療法を受けたことは内緒なんですが テヘペロ)、ヘアサロンでの接客がとても濃密になることに気づきました。

美容師さんがいろいろアドバイスしてくれたり、頭皮マッサージを多めにしてくれたり、シャンプーを変更してくれたり、勝手にサービスしてくれちゃうことが多くなるのです。

どうしてそうなるのか考えてみたのですが、おそらく、ヘアサロンにとっては、こういった「髪の悩みを打ち明けてくれるお客さん」っていうのは、ものすごくチャンスなんじゃないかと。つまり、そこで悩みに寄り添ってソリューション(←解決策ね)を提示できれば、そのお客さんはロイヤルカスタマーになってくれる可能性が高いから、全力でサポートしてくれるというわけです。

この仮説、何人かの美容師さんで同じ印象を受けたので、けっこう当たってるんじゃないかと思います。
そして全力になれるヘアサロンほど繁盛しているし、いいヘアサロンなのだと思います。

逆に言うと、「ちょっと薄くなってきて心配なんスよねー」ってつぶやいてみて、「はい、いつも通り切りましたー」みたいな対応のヘアサロンは、そのうちお客が来なくなって潰れるでしょうから、通うのはやめたほうがいいでしょう。


というわけで、「ヘアサロンでは思い切って薄毛の心配を宣言したほうが絶対イイコトあるゾ!」というお話でした。



※継続募集中の四谷ローズクリニック特別割引制度第2弾ですが、キャンセルもあり、まだ若干名ご案内できます。お早めにどうぞ!


薄毛に悩む30代AGAサラリーマン薄若丸がHARG療法(ハーグ療法)に挑戦し、薄毛状態から回復できた履歴を記録として書き綴ったブログです。
おかげさまで、こんな感じ(↓)に回復しましたヽ(*^ω^*)ノヤッター

1kaime.JPG4kaime.JPG

【画像】HARG療法(ハーグ療法)治療前と治療後の比較画像(薄若丸)
薄若丸の治療前、治療後の詳細比較写真です