薄毛に悩む30代AGAサラリーマン薄若丸がHARG療法(ハーグ療法)に挑戦し、薄毛状態から回復できた履歴を記録として書き綴ったブログです。

HARG療法(ハーグ療法)のクリニック選びのポイントからHARG治療(ハーグ治療)体験、お寄せ頂きましたHARG体験や他クリニック、悪徳クリニックの情報など下記の目次(インデックス)より掲載内容を一覧でご覧いただけます。

各目次は上から順に時系列順にならんでいますので薄若丸がどんな気持ちで薄毛治療に臨み、どのような過程を経て薄毛から回復できたのかがわかるようにまとめてみました。

1kaime.JPG4kaime.JPG

【画像】HARG療法(ハーグ療法)治療前と治療後の比較画像(薄若丸)
薄若丸の治療前、治療後の詳細比較写真です

【まとめ】HARGクリニックを選ぶ際の注意点
HARG療法(ハーグ療法)を受けるにあたってクリニック選びは最重要課題のひとつです。HARGクリニックの選択一つで生えるか生えないかの明暗が分かれます。そのクリニック選びのポイントが記載された記事まとめがこちらです→ここをクリック

【まとめ】体験レポ・HARG療法(ハーグ療法)について詳しく知りたい方向け
HARG療法(ハーグ療法)を受けた際の体験レポート記事を中心にまとめてあります。予約してから初回の診察、麻酔、HARG治療の体験について詳しく知りたい方はこちらのまとめをご覧ください→ここをクリック

【まとめ】お寄せ頂きました情報・感想・体験情報
薄若丸が紹介したクリニックでHARG療法(ハーグ療法)を試した方からの情報や他クリニックを利用した方からお寄せ頂きました情報が記載された記事のまとめです。→ここをクリック

【まとめ】HARG療法(ハーグ療法)を使った毛髪メンテナンス
髪の毛を維持するためにメンテナンスは欠かすことができません、HARG療法(ハーグ療法)を受けた後に行ったメンテナンス情報が記載された記事まとめがこちらです→ここをクリック

【まとめ】女性の薄毛、HARG療法(ハーグ療法)は女性にも効く治療法です
女性の薄毛を治療できる唯一の選択肢がHARG療法(ハーグ療法)です、女性の薄毛に関する情報が記載された記事まとめがこちらです。→ここをクリック

【まとめ】HARG療法(ハーグ療法)周辺情報まとめ
HARG療法周辺情報が記載された記事まとめです→ここをクリック

薄若丸に質問・相談してみたい人はこちら→ここをクリック


2017年03月20日

春こそHARG療法(ハーグ療法)の季節!

こんにちは、薄若丸です。

だんだん生ぬるいような気温になってきて春の気配が感じられるようになってきました。

ちなみに薄若丸は薄毛だけでなくて花粉症でも悩んでいるので、もう何年も「さわやかな春」なんて言葉は薄若丸の中には存在しません。。。。

(薄毛はHARG療法のおかげで劇的に解決しましたが、花粉症はぜんぜんよくなりません 鬱)

で、そんな鬱陶しい春ですが、薄毛に関する問い合わせがどんどん増えてくる季節でもあります。

季節の変わり目で、急に暖かくなると抜け毛が増える!?からなのか、新生活で他人の視線が気になるのか、実際のところ薄若丸にもわかりませんが、いつものようにお答えできることはなんでも相談に乗るつもりです!(ズル、ズルッ)

もちろん、Dr.HARGのクリニックに直接カウンセリングを申し込んでいただいてもOKです!

ではでは。

>> Dr.HARGへの無料カウンセリングお申込みはこちらから
 
>>薄若丸へのご相談・ご質問はこちらの記事を読んでから!

2017年03月07日

「ミノタブ」「副作用」の画像検索でわかること

こんにちは、薄若丸です。

しばらくQ&Aの連載形式で書いてきましたが、だいぶ飽きてきましたので(爆)普通のスタイルに戻してみます。

今日のテーマは、ミノキシジルタブレット、通称ミノタブ

内服薬で育毛となるとプロペシアが最もポピュラーですが、それよりも強力なのがミノタブです。そして、ミノタブの恐ろしいのは副作用も強いというところです。今回はそこについて書きます。

※すみません、薄若丸自身はどちらも飲んだことがないので、HARG療法(ハーグ療法)体験レポートのようなリアルな声じゃないのですが・・・

ちなみに副作用でいうと、プロペシアにもあって、ちんこが勃たなくなる、マジで中折れする(爆)といわれます。もちろん、全員がそうなるわけではないですが、薄若丸からすればもう、そういう疑いがあるってだけで「近寄らないようにしよう!」って思ってしまいます。

しかし、プロペシアについては、そういう冗談みたいな副作用じゃなくて最も怖いのは、女性への副作用です。服用はもちろん、女性はプロペシアの錠剤に触るのもダメです(皮膚から吸収される恐れがあるそうです、ってどんだけ強力なんだプロペシア!)。

女性がプロペシアに接するとどうなるかというと、ホルモンバランスを崩してしまうだけでなく、妊娠している場合は深刻で、胎児への悪影響も起きてしまうとのこと。

これだけでも充分に嫌ですが、今回のミノタブはもっと嫌です。

それは、(髪の毛以外の)体毛が濃くなること。しかも半端なく!

ウソだと思ったらGoogle先生に「ミノタブ」「副作用」で画像をみせてもらってください(リンク:別ウインドウが開きます)。

目が充血したり、背中とか手の指とか・・・。ありえないでしょ? もしも薄若丸がこの人の彼女とか家族だったら、彼氏や旦那がこんな姿になってしまったら、卒倒してしまうと思います。

ちなみに勇気を出してこれらの画像を掲載している、「ミノタブで薄毛克服に取り組んでいる人たち」のブログをみてみると、「やっぱり体毛がきましたね」とか書いてる。怖いわ!そして、「(カラダに耐性がついてしまって毛が増えなくなったので、)しばらく服用を中断してカラダから成分を抜いていま〜す」とか、ほんと、親が聞いたら泣きますよ!

それに対して、HARG療法(ハーグ療法)は副作用が全然ないので、その点でも薄若丸は自信を持っておすすめします。

もっと言ってしまえば、HARG療法(ハーグ療法)なんか受けなくてもいい(爆)から、ミノタブ飲むのはやめてほしいなあ。

だって、見てるだけでキモチ悪いから!(体にも絶対悪い!)

ではでは。


>> Dr.HARGへの無料カウンセリングお申込みはこちらから
 
>>薄若丸へのご相談・ご質問はこちらの記事を読んでから!

2017年03月01日

薄若丸のHARG療法(ハーグ療法)Q&A vol.11円形脱毛症

【薄若丸のHARG療法(ハーグ療法)Q&A vol.11】
Q.

円形脱毛症にHARGは効く?

A.
以前何度か、円形脱毛症に悩む方から、「HARG療法(ハーグ療法)は円形脱毛症にも効果がありますか?」という質問をいただいたことがあります。

当時いろいろ調べたり、Dr.HARGに電話したりしてわかった結論は、いわゆる10円ハゲ(コイン型円形脱毛症といいます)であればHARG療法(ハーグ療法)による効果が見込めます。

ただし(ここからが大事なところです)、Dr.HARGいわく

円形脱毛症の治療にHARG療法(ハーグ療法)を用いることは、あまりおすすめしません(キッパリ)

とのこと。なぜならば、HARG療法(ハーグ療法)でコイン型円形脱毛症は改善されるけれど、治ったと思った頃にまた今度は別の場所に同じようなコイン型の円形脱毛が生じることが非常に多いのだそうです。

つまりドミノ倒しのように、次々に脱毛が起きてしまうのが、円形脱毛症の最もやっかいなポイントなのです。HARG療法(ハーグ療法)で回復しても、もぐらたたきのように治療が終わらないという、なんともやりきれない結果になる可能性が高いということです。

したがって、HARG療法(ハーグ療法)で対応するよりは、円形脱毛症の治療に力を入れている大学病院などを受診して、ステロイドによる治療を行ったほうがよいでしょう、とのこと。

ちなみに、全頭型の円形脱毛症の場合は、HARG療法(ハーグ療法)での治療は全く適さないので、これもコイン型円形脱毛症と同じく、大学病院を受診したほうがよいそうです。同じくステロイド治療が行われますが、治療はコイン型よりも難しくなるそうです。

さらにいうならば、

「うちのHARG療法(ハーグ療法)は、もちろん円形脱毛症にも絶大な効果がありますよ〜。全頭型でも、治療回数は増えますが根気よく頑張りましょうね!」

みたいなことを平気で言うクリニックがあったとしたら(実際あるから書いているんですが 爆)、そう、それは間違いなく悪徳クリニックです(ビンゴ!)

なかには平気で「費用と時間が通常の3倍かかりますけど、効果はあります!」と断言して300万円以上のローンを提示してきたクリニックもあるそうで・・・ヽ(゚Д゚;)ノ!!

恐ろしや、悪徳クリニックの世界・・・ですね。

ではでは。


>> Dr.HARGへの無料カウンセリングお申込みはこちらから
 
>>薄若丸へのご相談・ご質問はこちらの記事を読んでから!

2017年02月19日

薄若丸のHARG療法(ハーグ療法)Q&A vol.10女性にも効く?

【薄若丸のHARG療法(ハーグ療法)Q&A vol.10】
Q.

女性にもHARG療法(ハーグ療法)は効く?

A.
女性からの質問メールは、薄若丸の大好物ですが(キモ!)、
男性の薄毛(AGA)に比べて、深刻に悩まれている人が
多くてとても気の毒というか、可愛そうなんです。

参考リンク:【目次】女性の薄毛、HARG療法(ハーグ療法)は女性にも効く治療法です

まず、女性の場合は、「びまん性脱毛症」といって、頭髪が男性のように部分的(頭頂部とかM字部分とか)ではなく全体的に細く薄く、ペシャンコになってくるのが特徴です。

雨の日とかだと、めっちゃペシャンコになって頭皮が透けて見えちゃうので、男性以上に、病気っぽく見えてしまってつらい気持ちになっている女性が多いです。

ちなみに、調べてみたら、この「びまん性脱毛症」のことを「女性男性型脱毛症(FAGA)」とも言うらしいです。ちょっとネーミングセンスが感じられませんね・・・(爆)
男性か女性か、どっちやねん!って。

原因は、ストレスや加齢などでホルモンバランスが崩れて起きることもありますが、遺伝と考えられるケースも少なくないそうです。これ、実は大きなポイントです。

たしかに薄若丸への相談者の女性にも、おばあさんやお母様に同様に薄毛の症状があるとおっしゃるかたが半分以上という印象です。

つまり遺伝ということは、シャンプーを変えたり生活習慣に気を使ったりしても改善することはないということ。なので、きちんとしたクリニックでの治療が必要になります。

ここを誤解して、糞高いオーガニックシャンプーとか、育毛剤やらをたくさん購入している女性が結構多いと思います。誤解というか、きっと藁をも掴みたいような気持ちだと思います。

で、質問の答えです。
HARG療法(ハーグ療法)は、この「びまん性脱毛症」に対しても効きますのでご安心を!

むしろ女性にはプロペシアやミノキシジルタブレットといった選択肢は絶対NGですので、男性よりも積極的におすすめしたいくらいです。

実際に薄若丸の紹介でHARG療法(ハーグ療法)を受けて薄毛が改善して、「気持ちが明るくなって活動的になりました!」なんて、爽やかすぎてインチキか!と思っちゃうくらいの嬉しいメールをいただいたことも何度かありますよ(自慢)。

というわけで、女性にもおすすめしたいHARG療法(ハーグ療法)なのでした。

ではでは。


>> Dr.HARGへの無料カウンセリングお申込みはこちらから
 
>>薄若丸へのご相談・ご質問はこちらの記事を読んでから!
タグ:女性の薄毛