2016年02月13日

悪徳HARGクリニックの体験談(2)

こんにちは、薄若丸です。

前回からの悪徳HARGクリニック体験談レポートの続きです。

とある女性が、「安くて近い」という理由でなんとなく選んだ某悪徳クリニックで
ひどい目にあったというお話。

いよいよ治療・・・

となったところからです。

HARG療法(ハーグ療法)は、極細の注射で(ローラースタンプ式のクリニックも多いようですが)頭皮にHARG液を打ち込んでいくわけですが、極細の注射とはいえ、針で刺すわけですから、麻酔ナシだとかなり痛いわけです。

ただし、麻酔って当然技術が必要なので、麻酔の技術に自信のないクリニックではやりたがらないわけです。麻酔事故とか医療事故の大定番ですし。

(ちなみにHARG療法(ハーグ療法)の注射だって技術の良し悪しがとっても重要で、血が出ちゃうようなクリニックはNGです。なぜなら、薄い頭皮に的確に打ち込まなくちゃ効果が出ないHARG液を、ズブッと行き過ぎて血管刺しちゃってるわけですから・・・)

で、この●央クリニックも当然、

「麻酔ナシが当たり前ですよ〜」

「皆さん我慢していますよ〜」


というスタンスで攻め込んできます(爆)

そしてその注射が痛い、痛い!

この女性は、かわいそうに、診察台にもたれて顔には美容院のシャンプーのときのような布切れをかけられてしまい、医者だか誰だか、誰が自分の頭に施術しているのか分からない状態で、ブスブスと繰り返し注射を打ちまくられたそうです。

(ちょっと書いててSMエロ小説みたい) ・・・暴発

そのあいだ、彼女は、診察台のイスのバーを

ぎゅうううっと握り締めて、

体を硬直させて我慢してこらえたんだそうです。

(安心してください、服は着てますよ 爆)

で、なんとか治療が済んで頭皮ににじんだ血を拭いてもらって第一回の治療終了。

(ふうーっ。書いているだけで痛いワ)

驚いたのは、こんな治療をなんとこの我慢強い彼女は、4回も続けて受けたんだそうです。

(素直というか、ものわかりよすぎというか、でもきっと、髪が生えてくることを信じてその一心で我慢して受け続けたんだろうと思うと、本当に怒りがこみ上げてきます!!!!

ここでようやく、彼女も「これはおかしい」と気づくのですが、それは自分自身で気づいたのではありませんでした。

それを気づかせてくれたのは・・・・ 次回に続く!

(面白おかしく書いているけど薄若丸はものすごく怒ってますよ!)


>>薄若丸へのご相談・ご質問はこちらの記事を読んでから!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174001741
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック