2016年12月21日

プロペシアをやめる勇気

こんにちは、薄若丸です。

これからHARG療法(ハーグ療法)を受けようかどうしようかと悩みながら、AGAのクリニックに通っている人って、結構多いと思います。

つまり、プロペシアに代表される飲み薬を処方してもらいにクリニックに通っているという状態ですね。

薄若丸は何度もこのブログでも書きましたが、プロペシアをはじめとする内服薬は一切拒否!というか一度も飲んだことがありません。


理由は単純です。

●副作用が怖い

●そこそこしか効かない

●何かを飲んで毛が生えるって仕組みが分からなすぎて怖い

●毎日飲むのは面倒くさい(そのたびに薄毛を意識するのがツラい!)

●一生薬を飲み続けるって、どう考えても嫌!



これらに尽きます。

でも世の中には、きっちりした律儀な人(?)もいて、


「毎日プロペシアを飲み続けて、もう3年です。」

「正直、現状維持できているかどうか・・・でも少しでも効果があるようなので仮に服用を止めたとして、
ごっそり抜けるが怖くて止められない」

「むしろ毛の量が減ったので、さらに強い薬を検討中です」



などとおっしゃる相談者がたくさんいらっしゃいます。

でもこれ、

絶対どうにかしたほうがいい

と思います。

月に1万円以下で続けられるプロペシアも、長期で続ければお金がかかり続けることになり、その結果、もし最初からHARG療法(ハーグ療法)を受けてたら、しっかり治療完了できるほどのお金をつぎ込んでしまっていた!ってことになります。

薬が効いているかどうかを判断するのは、どんなに長くても半年から1年もあれば充分。
それ以上継続するのはちょっと考え直したほうがいいと、薄若丸は思います。


>> Dr.HARGへの無料カウンセリングお申込みはこちらから
 
>>薄若丸へのご相談・ご質問はこちらの記事を読んでから!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178121077
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック