2017年03月07日

「ミノタブ」「副作用」の画像検索でわかること

こんにちは、薄若丸です。

しばらくQ&Aの連載形式で書いてきましたが、だいぶ飽きてきましたので(爆)普通のスタイルに戻してみます。

今日のテーマは、ミノキシジルタブレット、通称ミノタブ

内服薬で育毛となるとプロペシアが最もポピュラーですが、それよりも強力なのがミノタブです。そして、ミノタブの恐ろしいのは副作用も強いというところです。今回はそこについて書きます。

※すみません、薄若丸自身はどちらも飲んだことがないので、HARG療法(ハーグ療法)体験レポートのようなリアルな声じゃないのですが・・・

ちなみに副作用でいうと、プロペシアにもあって、ちんこが勃たなくなる、マジで中折れする(爆)といわれます。もちろん、全員がそうなるわけではないですが、薄若丸からすればもう、そういう疑いがあるってだけで「近寄らないようにしよう!」って思ってしまいます。

しかし、プロペシアについては、そういう冗談みたいな副作用じゃなくて最も怖いのは、女性への副作用です。服用はもちろん、女性はプロペシアの錠剤に触るのもダメです(皮膚から吸収される恐れがあるそうです、ってどんだけ強力なんだプロペシア!)。

女性がプロペシアに接するとどうなるかというと、ホルモンバランスを崩してしまうだけでなく、妊娠している場合は深刻で、胎児への悪影響も起きてしまうとのこと。

これだけでも充分に嫌ですが、今回のミノタブはもっと嫌です。

それは、(髪の毛以外の)体毛が濃くなること。しかも半端なく!

ウソだと思ったらGoogle先生に「ミノタブ」「副作用」で画像をみせてもらってください(リンク:別ウインドウが開きます)。

目が充血したり、背中とか手の指とか・・・。ありえないでしょ? もしも薄若丸がこの人の彼女とか家族だったら、彼氏や旦那がこんな姿になってしまったら、卒倒してしまうと思います。

ちなみに勇気を出してこれらの画像を掲載している、「ミノタブで薄毛克服に取り組んでいる人たち」のブログをみてみると、「やっぱり体毛がきましたね」とか書いてる。怖いわ!そして、「(カラダに耐性がついてしまって毛が増えなくなったので、)しばらく服用を中断してカラダから成分を抜いていま〜す」とか、ほんと、親が聞いたら泣きますよ!

それに対して、HARG療法(ハーグ療法)は副作用が全然ないので、その点でも薄若丸は自信を持っておすすめします。

もっと言ってしまえば、HARG療法(ハーグ療法)なんか受けなくてもいい(爆)から、ミノタブ飲むのはやめてほしいなあ。

だって、見てるだけでキモチ悪いから!(体にも絶対悪い!)

ではでは。


>> Dr.HARGへの無料カウンセリングお申込みはこちらから
 
>>薄若丸へのご相談・ご質問はこちらの記事を読んでから!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178904517
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック