2017年06月26日

AGAの遠隔診療とは何ぞや?(HARG治療費割引、まだ募集中!)

こんにちは、薄若丸です。

いろんな薄毛系情報サイトで、AGAの遠隔診療について書かれています。

なんでも、厚生労働省が容認方向に立場を変えたことで流れが変わったのだとか。薄毛の診療についても、オンラインで問診票に入力して、スカイプで医者と話して、スマホで自分の頭を撮影して診てもらうのだとか。。。。

まあ、プロペシア追加購入するためにわざわざAGAのクリニックに通うのは気乗りもしないでしょうし、法律をクリアするための手続きだと割り切れば、こんなゆる〜い感じでいいのかもしれません。

でも、医療ってそんな診断で本当に大丈夫なの!?と心配性の薄若丸は思ってしまいます。

その医者、ちゃんと診る気あんの?と生意気な薄若丸は思います。

もしかしたら『ブラックジャックによろしく』とか読みすぎ(爆)かもしれませんが、小さいころに医師を志してきっと一生懸命勉強もして晴れてその夢が実現した秀才君(医者)が、毎日スカイプでハゲ頭を適当にあしらって飲み薬出すのが仕事って、なんだかなあと憤ってしまうのです。

遠隔診療の仕組みや技術って、そもそも離島とか限界集落とかそういうところの医療を救うための手段としての利用を目的に作られてきたはずなのに、こずるいクリニックがそれ利用するのはちょっとナシじゃないの?というのが薄若丸の意見です。

君はそんなことのために医師を志したのか!?と問い詰めてやりたい(爆)。
お金稼いで何するのか知りませんけど、せっかく優秀なんだから、もったいないでしょと。

なんだかなあ。。。。梅雨時でジメジメむしむしして、鬱陶しいからでしょうか。
今日は愚痴・悪口ばかりでした。すみません。

薄若丸

↓↓まだまだ募集中です↓↓
HARG治療費、割引中!〜薄若丸紹介者300名突破記念〜
(HARG治療費3万円が割引になります!)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180167627
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック