2020年06月06日

在宅ワークの増加は薄毛に良いか、悪いか?

こんにちは、薄若丸です。

新型コロナウイルスの影響で、薄若丸もこの4・5月は、在宅で仕事をする機会がぐんと増えました。
今回は、この在宅勤務の増加がAGA(薄毛)に悩む人にとって良いか悪いかを考えてみたいと思います。

まずは「悪い点」から。
(ネガティブ思考な薄若丸は、悪い点から頭に浮かびます 爆)

・外出ができなくてストレスが増える → 髪の毛に悪い
・運動不足で体が衰える → 血行不良で髪の毛に悪い
・メール中心だと意思疎通が難しくてストレス → 当然、髪の毛に悪い
・食事がマンネリになってくる → 髪の毛に(以下省略)
・ZOOM飲みでつまんないのに結構飲んじゃう → 髪(さらに略)
・ひまだからエッチな動画とか見ちゃう → 完全省略

というわけで、いくらでも出てきます(爆)

解決策としては、毎日決まった運動を自分に課して、
料理のレパートリーを増やし、メールにイライラせず、
エッチな動画も見ない(爆)、ってそれもう無理ですよね。

それでは「良い点」はどうでしょう?

・人に会わないので「薄毛がバレるかも」の心配が減る
・オンラインミーティングだったら薄毛はなんとか隠せそうかも
・こっそり抜け出してHARGの治療にも行けそうだ!

と3つくらいしか思い浮かびません・・・。

しかも、このうち上の2つについては、同時に
「実際に会ったらビックリされるかも・・・」
みたいな不安がより増幅されていくので、
実は「良いこと」とは言えないかもしれません。

やっぱり在宅ワークが増えて、一つだけいいことを挙げるとすれば、
今のうちに薄毛の治療をしておける
ということに尽きると思います。

もちろん、外出はしないに越したことはありません。
でも、行き帰りさえ気を付ければ、クリニックの中はさすがに医療関係者が
対策をしているわけで、しかも具合の悪い人はAGAのクリニックには
わざわざ来ないでしょうから、院内感染の心配はゼロと考えてよさそうです。

成功するためには人と逆のことをしろ」とか
言いたいわけじゃないですが、こんな大変な時期だからこそ、
言葉は悪いですがどさくさにまぎれて
やっておいたほうがいいことの一つが「薄毛治療」なのでは
と、薄若丸は思います。

そしてもしHARGを検討されるなら、薄若丸にご連絡ください。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187569882
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック