2022年03月16日

マスク=顔パンツ!? コロナ明けが怖いというお話

こんにちは、薄若丸です。

マスク生活が当たり前になって、若者たち(とくに女子たち)の間では、

人前でマスクを外すのが恥ずかしい

という感覚になってきているそうです。

なので、自宅からのオンライン会議でもマスクをして参加したり、ランチは感染が怖いというよりはマスク外すのが恥ずかしいから、特定の仲いい人としか行かないのだとか。

薄若丸が見たネットニュースでは、

マスク=顔パンツ

なんて下品な表現で伝えていましたけど(爆)、正直なところ、その感覚は立派な40代のオッサンである薄若丸にも、よ〜くわかります(再爆)

だって、マスク外して「残念な顔」とか思われたくないんだもーん キモ

それで思ったのは、テレワークが明けて、自由に対面で会えるようになったとき、マスクの下の顔と同じようなことが、薄毛に関しても起こりうるのでは、という恐怖です。

「あらら、オンラインミーティングじゃ全然わからなかったけど、思ってたより(薄毛が)キテますね〜」

なんて内心みんなから思われていやしないか・・・と心配しはじめると、もう怖くて怖くて、

コロナ菌、むしろ頑張れ〜(大暴言)

とさえ思ってしまいますよね。

そうならないために、薄毛が気になるならば今のうちに行動を起こすべし!
薄若丸のオススメは、もちろんHARG療法です。

(詳しくはこのブログを熟読してみてください。「四谷ローズクリニック」の特別割引も人数限定ですが継続しています)

薄若丸

2022年03月05日

薄毛の芸人さん

こんにちは、薄若丸です。

昔に比べると、薄毛を隠さずに堂々とテレビに出まくっているタレントさんが、特に芸人さんでは増えてきました。

我々一般人でも、コロナ禍でテレワークが増えて出張が激減してオンラインミーティングが当たり前になった今、薄毛のとらえ方も変わってくるのかもしれません。

でも、今すぐに

薄毛も個性!

と割り切れる人は、まだまだ少ないと思います。

いくら薄毛が世間に許容されてきたとはいえ、その人の雰囲気やこれまでのキャラクターやらで、薄毛が許される人と難しい人がいるでしょう。

そもそも、薄毛の進行がその人の顔だちに似合っていればいいですけれど、なかなかそううまくはいかないものです。

仮に周囲が許容していても(そもそも人の薄毛を、許すも許さないもありませんケド)、本人が納得できない場合がほとんどだと思います。

薄若丸も、

薄毛が絶望的に似合わない
(とにかくみずぼらしい オッサン もしくは気持ち悪い ヘンタイ ・・・絶望)

です。

というか、「うまく年齢を重ねたシブい男」って感じにハゲていく人って、なかなか周りにもいませんよね(爆)

というわけで、薄若丸は、HARG療法に出会ってよかった!とココロの底から思っています。
まだまだメジャーな治療方法とは言えないかもしれませんが、多くの人に知ってほしくてこのブログを続けています。

薄若丸

2022年02月20日

春に向けてHARG治療は今が最適シーズン?

こんにちは、薄若丸です。

「HARG療法は、いつ始めるのがいいですか?」

という質問をよくいただきます。

ご安心ください。
薄若丸は「今でしょ」みたいなウザい返事はしませんよー。

率直に言って、HARG療法は治療開始からすぐに効果が出る薄毛治療ではないので(というかカツラや植毛以外で、そんなすぐ効果が出る薄毛治療があれば教えて欲しいです)、今からカウンセリングを受けてすぐに治療を開始したとしても、春にはまず間に合いません。ガーン

でもですよ、春に間に合わないからといってHARG療法をスタートさせなかったら、薄毛はどんどん進行するばかりです。逆に、今始めれば、春には間に合わないけど、秋にはきっと結果が感じられるはずです。

薄毛が進行するタイミングについては、「秋ごろ抜け毛が増える」とか「夏の汗が悪影響」とか「いやいや、寝不足や暴飲暴食、仕事のストレスが原因」とか諸説あります。

でもこれらについては薄若丸は懐疑的で、むしろ「ほぼ遺伝じゃないかな」と思っています。つまり、薄毛が進行するタイミングって、特定のきっかけとかではなくて「薄毛が進む → マシになる → 進む → マシになる(以下ループ)」というのが正解だと思います。

ということは、「HARG療法は、いつ始めるのがいいですか?」の回答は、

気になったら始めどき

っていう、これまたウザい感じの回答が正解ですね、きっと(爆)

薄若丸

2022年02月09日

薄毛にはコロナなんて関係ない…のだ!

こんにちは、薄若丸です。

コロナ禍が始まって以来(もう2年になります・・・)、ブログの更新がすっかり滞ってしまいました。

今でも、「もう少し世の中が落ち着くまでじっとしておこう」という気持ちもあります。
仕事のほうも、それなりに会社がバタバタしてその対応に追われたりしていました。←ミンナ、ソウダヨネ

でも、先日ふと、いただいた相談メールへの返信をしていて、この放置された薄若丸のブログを見てて、思ったんです。

薄毛はコロナなんて関係ない! ババーン

ということを。
いや大げさだし、そりゃそうだろって話なんですが(爆)

というわけで、私がかつてHARGの薄毛治療でお世話になった「四谷ローズクリニック」の吉澤院長(HARG治療の第一人者)に、生存確認がてら連絡してみたところ(←失礼か)、コロナ禍であっても変わらずお元気でHARG治療を続けていらっしゃいました。パチパチッ

(いや、冗談ですよ、本当はときどきメールもいただいていたので、お元気なのは知っていました。)

コロナ禍でも変わらずHARG療法の人気は高くて、もともと完全予約制だから密にもならない安心感もあって、クリニック受診者は減っていないんだそうです。

なんと、HARG療法、強し!

やっぱり薄若丸が薄毛の恐怖から脱却できたHARG療法だけのことはあるぞ、と誇らしくなりました ←ワタシハ、ナニモシテイナイケド

薄若丸

2019年04月21日

野球は9回で、HARGは6回!?

こんにちは、薄若丸です。

前回書いた「HARG治療は「1クール6回」って誰が決めた!?」の記事にいくつか反響をいただきました。ありがとうございます。

某大手クリニックってどこですか?というストレートな問い合わせが一番多かったのですが(爆)、その答えは、「HARG開発者」を謳うあの先生がいるクリニックです。

実際の体験者からの声も新たに寄せられていまして、その中でも面白かったのが(← 面白がるところじゃないんですが)、、、

「6回で生えなかった場合は、『もう1クール必要ですね』と言われてしまいます」

という情報でした(大爆)。せめて6回でダメだったらあと1回とか2回とかでなんとかならんものかと思いますよねえ。なのに、何故に「6回刻み」なのだ!と。

美容クリニックのローンと言えば、女性の永久脱毛でトラブルが続出して社会問題的になったことがあって、それがきっかけで「まだ受けていない未来の治療に対するローンを組むこと」を禁じる法律ができたと聞いたことがありますが(かなり前の話です)、なぜHARGにはそれが適用されないんでしょうね。(← このあたり、法律に詳しい方がいたらぜひ詳しく教えてください。)

そんな営利目的というか商売優先の考え方にはものすごい反感を覚えてしまう薄若丸です。だって、お医者さんでしょ? 医者が儲けちゃいけないとは思わないけど、困っている人を目の前にして金儲けに走るって、それでいいの?

ま、しかし、結論から言えば、そういうところだと分かっていたら近づかなければいいだけの話ですから、これを読んだ皆様におかれましては、ぜひHARG療法のクリニック選びは慎重にと申し上げたいのです。

宣伝みたいになるのは本意じゃありませんが、薄若丸の通った四谷ローズクリニックは、Dr.HARG(院長)がほぼ一人でやっている小さなクリニックですが、ローンや先払いは一切なく、支払いは毎回の治療後。つまり嫌なら次から行かなきゃいい(爆、というか、よい子はそんなひどいことやめたげて)という、あっぱれな潔さです。
つーか、それが当たり前じゃないかと薄若丸は思うんですが、どうなんでしょう。。。

ちなみに四谷ローズクリニックの特別割引のご案内はこちらから。

(あーあ、ほら、宣伝ぽくなっちまった。)

薄若丸

2017年03月20日

春こそHARG療法(ハーグ療法)の季節!

こんにちは、薄若丸です。

だんだん生ぬるいような気温になってきて春の気配が感じられるようになってきました。

ちなみに薄若丸は薄毛だけでなくて花粉症でも悩んでいるので、もう何年も「さわやかな春」なんて言葉は薄若丸の中には存在しません。。。。

(薄毛はHARG療法のおかげで劇的に解決しましたが、花粉症はぜんぜんよくなりません 鬱)

で、そんな鬱陶しい春ですが、薄毛に関する問い合わせがどんどん増えてくる季節でもあります。

季節の変わり目で、急に暖かくなると抜け毛が増える!?からなのか、新生活で他人の視線が気になるのか、実際のところ薄若丸にもわかりませんが、いつものようにお答えできることはなんでも相談に乗るつもりです!(ズル、ズルッ)

 
>>薄若丸へのご相談・ご質問はこちらの記事を読んでから!

2016年09月15日

HARG療法(ハーグ療法)の噂〜癌になる!?

こんにちは、薄若丸です。

いつもよく、

「HARGの副作用って本当にないんですか?」

「本当に安全なんですか?」


という質問をいただきます。

薄若丸はHARG療法(ハーグ療法)をメンテナンスも含めてもう何回も受けていますが、少なくとも、感じられる副作用はまったくありません

むしろ精神的にも前向きになって、髪も回復したし、

イイコトだらけ!

と思っているのですが、この前、ある人から教えていただいた、

HARGを受けると癌になるという噂

には、正直ギョッとしました。

だって、たとえハゲが治っても、癌になって苦しんで治療を受けなきゃいけないなんて本末転倒ですから!

でもよくよく調べてみてもその根拠は発見できなくて、

「(HARG療法によって注入された)成長因子が細胞を活性化させるため、もともと癌細胞が身体にある人は、その癌細胞も活性化されて、癌が進行する恐れがある・・・」

という説を唱えるウェブサイトはありました。

これもまたホントかなあとも思いつつ、薄若丸は癌は今のところないようなので、安心です。

もうひとつ別のところでは、

抗がん剤治療で抜けてしまった髪を、HARG療法で再生することができるかどうかについて、毛根がやられてしまっている場合には難しいが、そうでなければ再生可能というような記述もありました。

というわけで結論としては、HARG療法(ハーグ療法)を受けると癌になるという噂は、

根拠のない噂

のようですが、上記のような記述が掲示板の書き込みなどのフィルターを通ると、そういう変な噂になってくるのかなと推測しています。。。

しかし、こういうHARG療法(ハーグ療法)にまつわるホントかウソか分からない情報こそ、今後も当ブログで積極的に取り上げて検証していきたいと思います。キリリッ
 
>>薄若丸へのご相談・ご質問はこちらの記事を読んでから!

2016年07月11日

「プチ整形」のつもりが失明!?

こんにちは、薄若丸です。

参院選挙の結果は、正直「なんだかなあ」な気分ですが、
このブログでは政治とジャイアンツのことは語りません(謎)


さて、猛暑や汗の影響で薄毛も増えるこの季節ですが、
産経新聞に恐ろしい記事が出ていましたのでご報告を。

先日から指摘していますが、これ、HARG療法(ハーグ療法)も似たり寄ったりの
状況だと思います。

ご注意を喚起するために引用します。


「プチ整形」のつもりが失明・鼻欠損、包茎手術でも性器壊死…フィラー注射の事故多発
産経新聞 7月8日(金)14時54分配信

 美容医療や包茎手術の際に皮膚下に注射されるフィラー(充填(じゅうてん)剤)をめぐり、失明や鼻の壊死(えし)など、深刻なトラブルが相次いでいることが分かった。美容目的のフィラーの多くは厚生労働省が承認していない海外製の医薬品で、成分の安全性がはっきりしていないものも含まれているという。施術の際にリスク説明が不十分なケースも目立ち、専門家が注意を呼びかけている。

いきなり怖い話ですね。。。失明や鼻が欠損って、包茎手術だけでなく美容医療も多いのですね。フィラーって言葉も薄若丸は初めて聞きましたけど、注射という意味ではHARG療法も注射をしますから、ホント心配になってきます。

 体がふらつき、右目が見えづらい−。近畿地方の大学病院に運ばれた20代の女性はこう訴えた。

 鼻を高くしたいと、美容クリニックでフィラー注射を受けた。メスを使わない「プチ整形」だったが、直後から異変が生じた。女性は大学病院に入院し、約2週間の治療を受けたが、右目の視力を失い、右まゆから鼻にかけての皮膚が壊死した。


きっとこれ、裏には

プチ整形とか、かわいい名前付けたった!

とはしゃいでた悪徳業者がいたわけですよね。

そいつらも含めて厳罰を与えてほしいものです!
ほんとひどい!

 使われたフィラーは米国製のカルシウムハイドロキシアパタイト剤。歯の主成分と同じ微細粒子をジェル状にしたものだ。国内未承認だが、形が長持ちするとして人気が高い。

 女性のケースでは注射された部位が悪く、眼動脈などにフィラーによる血行障害が起きたと考えられているが、フィラー注入による失明の症例は海外でも報告されているという。


男の薄若丸からすれば、

そんな鼻なんて高くなくたっていいのにね、

馬鹿な女・・・


とついつい思ってしまいますが、これ、薄毛に置き換えると
急に現実としてとらえることができて、恐ろしくなってきます。。。

そんなハゲてたって死にゃしないのにね、

馬鹿な男・・・



いちおう、残りの記事も引用しておきますね。


 日本形成外科学会理事長で大阪大医学部の細川亙教授は昨年、こうしたフィラー注入に伴う合併症の事例を専門雑誌にまとめた。

 鼻を高くしようとした60代女性はフィラー注入直後から強い痛みを感じ、徐々に赤く腫れ上がって最終的に鼻の右部分を欠損した。額のしわを伸ばそうとした50代男性は逆に大きな腫瘍ができ、切除せざるを得ない状態になった。

 フィラーは美容医療だけでなく、男性器の包茎手術などにも用いられるが、国民生活センターは6月、包茎手術をめぐるトラブルが多発しているとして注意喚起を行った。

 3月までの5年間で相談件数は1092件。「安い手術だと汚い仕上がりになる」と言われ、80万円の高額施術を即日受けさせられるなど契約上の問題に加え、フィラーを注入された部分が壊死するなど、術後に痛みや不具合を感じたケースもそのうち約4割に及んだ。

 細川教授によれば、フィラーは液状の薬剤のため、一度注入されれば除去するのが難しい。「フィラー注射がメスを使う手術よりも安全だと信じてしまう消費者心理があるが、誤っている」と警鐘を鳴らした。


読めば読むほどに、

なんでわざわざそんな目に遭うようなアホなことするんだ

と思えてきます。とくに包茎よりも、60代の女性とか・・・

もうええやろ

となぜ思えないのか。(そして返ってくるブーメラン 爆)

最後にもう一度言いますけど、薄毛業界もこれと似たり寄ったりの
悪徳業者がわんさかいることを忘れないでください!

なんとかシャンプーとか含めれば、薄毛業界全体で
真摯に医療として取り組もうとしている医師なんて、ほんの一握りだと思います。

植毛の手術で頭皮がボコボコになっちゃう人とかそういうわかりやすいのだけじゃないですから。

格安のHARG療法(ハーグ療法)や、HARGに類似する療法などにも、けっこう紙一重(髪一重?)なのがあるみたいですから、

みなさま、

HARG療法(ハーグ療法)のクリニック選びはくれぐれも慎重に!

 
>>薄若丸へのご相談・ご質問はこちらの記事を読んでから!

2016年06月23日

包茎手術とHARG療法(ハーグ療法)

こんにちは、薄若丸です。

さきほど何気なくニュースを見ていたら、
こんなのが・・・・。

『不安あおり高額な包茎手術 注意呼びかけ』
NHKニュース 6月23日 20時10分

これって、薄若丸が少し前に
「包茎手術の手口と悪徳HARGクリニックの手口って、似てるよね」という趣旨の
記事を書いたんですが、

その前者のほうの被害状況レポートですね(爆)

以下、NHKのネットから引用します。

--
不安をあおられて高額な包茎手術を受けさせられたといった相談が、全国の消費生活センターにこの5年間で1000件余り寄せられていて、国民生活センターでは、被害を言いだせない人は相当な数に上るとみて、注意を呼びかけています。
--

ほらほら、やっぱり古典的な手口だけど今でも騙される若者は絶えないんですね。
そりゃそうですよね。コンプレックスという最大の弱みに付け込んでいるんだから(怒)

--
国民生活センターによりますと、全国の消費生活センターに寄せられた包茎手術を巡る相談は、若い男性を中心にことし3月までの5年間で1092件に上っています。
--

この数字は当然、大きな氷山のほんの一角にすぎないはず。だって、包茎手術が思ったより法外に高くついたとしても、消費者センターでそのことを説明するのって恥ずかしいですもん。

電話口の担当のおばちゃん(←たぶん)相手にどんな被害に遭ったかしゃべるなんて、まさしくセカンド・レイプみたいなもので、圧倒的多数の被害者は泣き寝入りでしょう。

--
相談内容では「状態がひどい」、「安い手術では仕上がりがよくない」などと、不安をあおられて高額な契約を迫られるケースが多く、なかには200万円を支払った男性もいるということです。

さらに手術を受けたあと排尿などの機能に障害が残ったという相談もあり、痛みが引かないため別の病院を受診すると「縫い方がいい加減で壊死(えし)している」と言われたというケースもありました。

--

・・・・絶句です。

悲しいです。でもこれ、HARG療法(ハーグ療法)も含めて薄毛治療や育毛の業界でも、同じか、もっとエゲツナイことが行われているに違いないのです! だって、切ったら終わりの包茎より、時間がかかる薄毛治療や育毛のほうが継続的にだまし続けれらる(=悪徳業者が儲かる)のですから!

--
国民生活センターは、悩みにつけ込まれ恥ずかしさなどから相談できない被害者はかなりの数に上るとみていて、手術を受ける前に必要性やリスクを冷静に考えるとともに、医療機関を受診したその日のうちに手術を受けてトラブルになるケースが多いことから、特に避けるよう呼びかけています。

国民生活センターの坂東俊秀課長補佐は「手術によっては保険が適用され、一般の病院の泌尿器科で受けられるものもある。万一トラブルになった場合は1人で悩まずに相談してきてほしい」と話しています。
また、今月26日には弁護士による無料の電話相談会が開かれます。
電話番号は03−6869−8452で、午前10時から午後3時まで受け付けるということです。

--

うーん。これクリニックの名前を公表したり、営業停止させたりできないんでしょうか??

みなさま、HARGのクリニック選びは慎重に!
ホント薄若丸にひと言、相談してくださいな。

お気軽に。

薄若丸


 
>>薄若丸へのご相談・ご質問はこちらの記事を読んでから!

2015年06月21日

計算してみたら、HARG療法(ハーグ療法)の治療費は高くないことが判明!

こんにちは、薄若丸です。

前回の続きをさっそく。

<前回のあらすじ>
薄若丸が5年前にHARG治療(ハーグ治療)に挑戦して、おかげさまで見事に毛が生えて、その後もメンテナンス治療をしながら、戻った状態をキープし続けている。で、お金はずいぶん使った・・・と思いきや、実はお金もそんなにかかっていないのではという疑念が???


一体どういうことかと言いますと、

もしもすんなりHARGに出会わず、プロペシアとかミノタブとか飲んだりしてたら、同じくらいのお金がかかってんじゃね?

ってことです。

だから、HARGに直行した薄若丸って、

あとから思えば大正解というか、

おかげで無駄なお金使ってないのでは?

と思ったのです。


さっそく
具体的に計算してみると、、、、(数字はざっくりです 爆)

■HARG治療(ハーグ治療)(全4回)10万円=40万円
■メンテ治療(全6回)7万円=42万円
→→→→→→→→合計82万円/5年
=1年で・・・16万4000円
=1ヶ月・・・1万3666円
=1日・・・・455円





ほらね。



1日換算だと、ワンコインですよ!

ワンコインで薄毛から脱却です!

しかもこれ、たぶん

メンテナンスの回数は、もうちょっと減らせる

はず!(って、あんまり言うとDr.HARGが嫌な顔するんですが・・爆)


ちょっと凄くないですか?

ちなみにプロペシアの1ヶ月の薬代が7000円とか8000円とかが相場のようですから(←怪しい個人輸入とか手を出さないとして)、そしたら、たとえば7500円/30日=250円/1日

つまり、、、

HARGだと・・・1日455円。
プロペシアだと・・1日250円。



HARGは、5年で10回だけクリニックに行って治療したのみ。
プロペシアは数ヶ月に1度はクリニックに行って、毎日薬を服用する・・・しかも飲むのをやめたらまた抜けるってことを考えたら、、、、、?



ほーら、ほーら、HARGが魅力的に見えてきた〜(催眠爆)


って、調子に乗りました。スミマセン。


でも、ドトールでコーヒー1杯飲むくらいの価格差です。
初期投資(最初の治療費)がかかるか、分割払いでずーっと
とられ続けるかの違い。

これ、説得力あると思いませんか?



 
>>薄若丸へのご相談・ご質問はこちらの記事を読んでから!


【関連記事】
>> HARGについて、よくいただく相談【1】(お金編)
>> HARGについて、よくいただく相談【2】(お金編続き)
>> 悪徳HARGクリニックの実名
>> お待たせしましたHARG治療(ハーグ治療)の画像公開です!