2019年10月23日

HARG療法なら、どこでも同じ?

こんにちは、薄若丸です。

今回のテーマは、
もう何度も書いていることのような気がしますけど、

「HARG療法のメニューがあるクリニックなら、どこも効果は同じか?」

についてです。

でももう、1秒で答えが出ます。

「いいえ、全然違います」

と。では、何が違うかが気になるところですよね。

それは簡単に言うと、「実績」「技術力」「結果」だと薄若丸は思っています。

まず「実績」とは、臨床数です。これまで何人の治療を担当したか。

注意してほしいのは、クリニック全体の臨床数じゃなくて、その先生が受け持った患者の数で比較するべきという点です。

じゃないと、大きなクリニックにいる新米の医師が「頼れる先生」になってしまいます。そうじゃないですよね。

次に「技術力」ですが、これは元々その先生の手先が器用かどうかなんてことよりも、やっぱりどれだけ数をこなしてきたか経験を積んできたかによる部分が大きいと思います。

Dr.HARGもさんざんおっしゃっていますが、一人につき何百回もの注射を来る日も来る日も打ち続けていたら、そりゃ職人技といえるほどに上達するのは何も不思議ではありません。

ということは、「実績」が高ければ、「技術力」はそれに比例して高いことが期待できる、というわけです。

「技術力」がきわめて高いけど「実績」はそう多くない、というパターンは、もしかしたら地方の名医みたいな場合にあるかもしれませんが、HARG療法に関しては、聞いたことがありません。

最後に「結果」についてですが、これは「実績」と「技術力」があれば、おのずとついてくるものだと言えます。

いい「結果」を出すから患者も集まってきて、いっそう「実績」と「技術力」が伸びていくというような好循環を続けられているクリニックを選びたい。誰もがそう思うと思います。

。。。なんだか、ここまでは当たり前のことを書いています(爆)

しかし、クリニックをどこにしようかと悩んでいる場合、意外なことに、このような「違い」を検討することを忘れてしまいがちです。

■自宅や会社から通いやすいところ。

■料金が少しでも安いところ。

■ホームページがしっかりしてそうなところ。

そんな基準だけでなんとなくHARG療法のクリニック選びをしてはいけません。
(といいつつ、初めてHARG療法を受けたときの薄若丸の知識はほぼゼロでしたけど 汗)

以上、あらためてクリニック選びのヒントでした。


薄若丸(クリニックの紹介ご希望の方は直接メールにて!)

2019年09月24日

医者じゃないのにセカンドオピニオン!?

こんにちは、薄若丸です。

前回、毛髪診断士についての記事を書いたところ、面白いことを教えてくれた人がいました。

「私は、とあるAGAクリニックで受診したのですが、治療方法に不安を感じたので別の某クリニックに相談したところ、『毛髪診断士』さんが出てきて、『セカンドオピニオン診断』というのをしてくれたことがありました。が、正直なんだかよくわからない説明で、私の髪の毛を濡らして『進行してますねえ』と脅してきて(?)結局このクリニックで治療を受けろとしか言わないので、医者とグルな感じがしました」(以上、要約です)

これを聞いて薄若丸は、「ぶはっ、医者じゃないのにセカンドオピニオン診断とか、まじウケるんですけど〜」(←ギャル風?)と思いました。

こんなセカンドオピニオンありますかねー(爆)。いやもう、どう考えてもグルですけど、わざわざこんなコントみたいなことする意味あるんですかね。あるんでしょうね、来たお客を逃さないための全力チームプレーですね。「チーム一丸となって、ローンを組ませます!」ってことでしょ。

英検とか漢字検定のようなメジャーな資格ですら、どうも胡散臭いと思ってしまいがちな薄若丸の意見ですから、信じる信じないは自由ですけど、この「毛髪診断士」って資格制度は、怪しいぞ〜っと確信しました。

いや、もしかしたら、医者がいちいち説明していられない(←という姿勢からしてどうかと思いますが)日常のケア方法とか素朴な疑問とかに応えるために、知識を持った毛髪診断士をクリニックに常駐させておく必要がある、、、のかもしれないですが、そんな中途半端な役割のためにわざわざ2年更新の資格取らせます? 存在意義が分からないですよね。

いやー、怪しいなあ。ダウトだなあ、絶対。
みなさま、どうかお気をつけて。

薄若丸


2019年04月05日

HARG治療は「1クール6回」って誰が決めた!?

こんにちは、薄若丸です。

HARG療法のブログを書いていて、よく受ける相談内容は次のようなことです。

「本当に"1クール6回"で生えますでしょうか?」
「"1クール6回"で総額いくらですか?」
「薄若丸はどうして"1クール6回"を最後まで受けずに(4回で)生えたのだ、ズルイゾ」


ここで疑問なのは、どうしてみんなHARG療法は「1クール6回」だと思っているのか?です。
何を隠そう薄若丸も初期の頃は「そういうもんなんだ」くらいに思ってましたが、どうやらこれ、某大手クリニックが言い出した設定のようなんです。
でも、ちょっと考えたら「これ、おかしいよな」って気づきますよね。

なぜなら、人それぞれでクリニックを受診した時の薄毛の進行状況は違って当たり前だし、薄くなっている部位やその人の年齢によっても、HARG療法の効果が現れる時期は違ってくるはずです。人それぞれ、みーんな違うはずなのです。

つまり、どんな病気であっても軽症と重症の治療回数が同じなんてことはありません。AGAが始まったばかりの若者と波平さんのようにハゲが進んでいる中年オヤジが、同じ治療回数であるわけないんです。
逆に、もしもどんな人でも6回打てば生えるのだったら、HARG療法はもっともっと普及しているはずです。

薄若丸が考えるに、これきっと元々は、「えー、HARG療法って1回の治療じゃ生えないんですか? じゃあ一体何回打てば生えるんですか!」って言われちゃうから、あらかじめ多めに見繕って「だいたい6回くらいで何らか生えてくることが多いよ」って意味で設定された、かなりざっくりした目安であったに違いありません。

そして、ここからがやっと本題ですが、腹立たしいことにはこれを利用して(?)、「1クール6回分の治療費を先払いでいただきます」などと言うクリニックの存在です。というか、言い出しっぺの某大手クリニックが率先してやっちゃってるんですが・・・(鬱)。

ひどいことに、「あなたは8回」とか「12回」なんて診断されることもあるそうで、全額先払いだから診断より早く毛が生えても決められた回数まで治療が続くということです。

もう治ったのに「最初に決めたことだから、まあ減るもんじゃなし、ぐへへ」(壊)みたいなのって、ありですか? 絶対ナシですよね。
「もうイッてるってば〜」って言うAVの人気シリーズがありますけど(爆)、「もう生えてるってば〜」って叫びながら頭に注射打たれている男は、ほんとうに悲しすぎるのです。

薄若丸

2019年03月30日

【HARG療法】治療費の全額先払いやローンを組むのは、超・危険です

こんにちは、薄若丸です。

春になって桜が咲いて、花見で浮かれた人がどっと増えてウットオシイ季節ですね(←ひねくれすぎ??)
でも、お花見ってまあ普通は屋外(桜の木の下)でやるものですが、実はこの時季って結構、外で地べたに座って冷えた缶ビール飲むには苦痛な寒さだったりしませんか?

桜に恨みがあるわけではないですが、外は風もふきますから、薄毛を気にする男子にとっては過酷な環境でもあります。で、そのHARG療法についてですが(やっと本題)、最近、こんな問い合わせがありました。

要約すると、「某クリニック(←薄若丸がオススメしないクリニックの一つ)で数回治療を受けたけど、いろいろ対応も疑問に思うことが多くて、一番大事な『効果』もなさそうだし、薄若丸のお勧めするクリニックに乗り換えたい。けれど初回に全額分のローンを組んでしまっているので、どうすればよいか?」
という内容です。

ローンではなくて全額先払いで支払ってしまった(←なんて裕福な!)というケースも過去に相談を受けましたけど、その人は、消費者センターに相談して、全額ではないけど返金されました。たとえば6回分の治療費を先払いで支払ってしまって(←この時点で医療としてアウトですけど)、2回だけ受けたとしたら、4回分の治療費は当然全部返ってくると思ったら、そうはすんなりと返してくれないのだそうで、何やらかにやら言い訳つけて一部しか戻ってこなかったそうです。

ローンの場合も、解約するのがかなり面倒なようで、これも消費者センターに相談するのがよいでしょう。

ここで薄若丸が声を大にして言いたいのは、「まだ受けてもいない治療費の全額先払いやローンを組むのは、超・危険です」ということに尽きます。

残念ながら相手はお金を稼ぐ専門家ですから(←本当は薄毛治療の専門家であってほしいのですが・・爆)、取れそうなお金をみすみす手放すはずはありません。一度かかわってしまったら我々にできることは限られているので、やはり、HARGのクリニック選びは慎重にすすめてください。

具体的には、最初のカウンセリングで治療計画をどんどん作って、あなた様の場合、総額いくらで全額先払いだと多少安くなるとか、ローンだとこんな感じとか矢継ぎ早にすすめてくれるような親切な(!)クリニックは、超・危険と思ったほうがよいです。

やっぱりクリニックって、お医者さんなんだから、1回1回の都度払いが基本でしょう!!
もしHARGのクリニック選びで迷ったら、カウンセリングの前にこの点だけでも電話で確認をとってみてはいかがでしょう?

「いえ、色んなケースがございますから、一度ご来院いただかないと・・・」なんて誤魔化してきたら、ガチャ切りしちゃえよ、って思います(爆)

薄若丸

2018年09月01日

AGAクリニックが処方する「錠剤」にご注意!

こんにちは、薄若丸です。

このブログで繰り返しアピールしていますが(爆)、薄若丸はHARG療法一本で薄毛を克服できたので、プロペシア(フィナステリド)ミノキシジルなどの錠剤を服用した経験は、過去に一度もありません

そして、これまた繰り返しお伝えしている通り、「薬を口から飲んで頭にだけ毛が生える」ということがそもそも「なんか変だぞ」という胸騒ぎがしますし、調べれば調べるほど、髪の毛のために(他は健康なのに)薬を飲み続けるのは体にいいはずないし、体だけでなく経済的にも副作用的にも、「イイコトなんか何にもないぞ」とわかってきました。

で、さらに追い打ちをかけますが、AGAクリニックなどで提供される錠剤が何やら怪しいという噂も漏れ聞きます。

どう怪しいか、というと、「海外から激安で仕入れたフィナステリドを粉砕して再度錠剤として固めて、値段や出所が分からないようにしてクリニックのオリジナルとして処方している」というのです。実際に薄若丸が受診して処方されたわけではないのですが、複数の情報から判断して、間違いない事実だと判断しています。

ついでに言いますと、ミノキシジルの錠剤なんて、そもそも日本で未認可のクスリですよ!
それをあたかも「プロペシアのお兄さん」くらいのイメージで処方されていますけど、そもそも未認可だわ、クリニックが独自に砕いて固め直したわ、だと、本当に誰があなたの体を守ってくれるでしょう?(← 守ってくれませんという意味。ワカッテルワ)

たとえば仮に難病を患っていたり命にかかわる疾患であれば、国の認可が下りていなかろうが海外の最新の薬を試したい、なんてことがあるかもしれませんが、「たかだか髪の毛が薄いかどうかくらいの問題に、そこまで体張っちゃっていいの!?」とHARG療法一本派の薄若丸は、完全に老婆心ながら心配しています。

どう考えても、今の状況だと、HARGを決断するか、潔くあきらめるかの2択だと思うんですが・・・。

薄若丸

2018年08月27日

もう一度、警鐘! ●央クリニックに厳重注意

こんにちは、薄若丸です。

あいかわらず、●央クリニック(中○クリニックとも言います 爆)でHARG療法を受診してしまい、ひどい治療を受けた(当然結果は出なかった)方や、ローンを組んでしまったけど途中で治療をやめたいという方の相談が、薄若丸のところに届いています。

といっても、薄若丸はHARGの専門家でも法律の専門家でもないので、「ズバッと解決!」とかはできないんですが(爆)、こうして警鐘を鳴らすことで被害の拡大を防ぐことはできるかなと微力ながら、頑張っています(キリッ)

被害相談で多いのは、「HARG療法で6回分のローンを組んでしまったけど、治療内容がひどくて髪が生えてくる気配もない・・・」というのと、「AGAで受診して、プロペシアなどの内服薬を1年分まとめたほうが安いと言われてローンを組んだ」という内容です。本当に、こればっかりです。

それで、ローンを組んでしまったら最後、(というか組まなくてもでしょうけど)治療はひどい内容で、これまでもこのブログで紹介してきましたけど、麻酔ができない、毎回違うセンセーが担当する、引継ぎができていない、治療後も頭皮がズキズキ痛む・・・など、いくらなんでもこんなクリニックが商売として成立しているのが不思議なレベルです。というか、インチキ丸出しでしょう(爆爆)

で、以前にも調べてみましたが、このローンが曲者で、一度組んでしまったらちょっとやそっとの理由(自己都合)では解約できないようです。クレームを言ったら後ろから怖い兄ちゃんが出てきて・・・なんて昭和なことは今時ないと信じたいですが、それでも「解約ですね、はいどうぞ」とは絶対言ってくれません。

薄若丸に相談・報告してくださったある男性は、消費者センターの協力を得て、それでも戻ってきたのは一部のお金のみでした。

このブログを読んだ皆さんがHARG治療を始めてくれなくても薄若丸は全然かまわないんですが(小爆)、悪徳クリニックに捕まってカモにされてしまうことだけはどうしても許せないので、絶対に避けてください! 受診しないでください!

そしてもしも「もうローン組んじゃったし・・・(絶望)」って人がいたら、あきらめずに声を上げてください。窓口で派手に暴れるか(大爆)、消費者センターに泣きつくか、弁護士に相談するか、なんでもいいので行動して、騒ぎ立てて、一部でも返金させましょう!

「なんだかよく調べもせずにローン組んじゃった自分も悪いよね」「あれだけ宣伝してるからついつい、そんな変なことはされないだろうと思っちゃったんだよね」なんて反省は、あとからでOKですから!

いやー、今日はガラにもなく檄文みたいになっちゃいましたね。失礼しました!

ちなみに四谷ローズクリニックの特別割引は、7月もご紹介しましたし、8月も継続しています。9月もやりますよー。

薄若丸

2018年03月09日

無料薄毛カウンセリングって何するの?

こんにちは、薄若丸です。

「無料カウンセリング」ってどこのクリニックでもやっていることですが、どうしても「カウンセリング受けたら強引に勧誘されるに違いない・・・」と思ってしまいますよね。薄若丸もそうでした。

今一番見られたくない場所(薄毛進行中の毛髪状態)をつぶさに観察されるなんて地獄だし、そもそも、薄毛クリニックなんてできれば一生に一度も行きたくないと誰もが思うはず。

だから、「個人輸入でAGAのクスリを買って飲んでみるか」という判断も、気持ちはわからんでもありません。もちろん、命知らずで人生を棒に振るかもしれない危険行為なんですけどね。ダメですよ、絶対。

で、本題ですが、無料カウンセリングで何をするかといえば、クリニック側は当然、薄毛の原因が何であるか(まあほとんどは男性型脱毛症AGAなんでしょうが・・・爆)の診断から始まって、現在の状態(とはいえこれも見りゃわかる話ですが・・・爆)を伝え、そのあと治療の説明とかかる費用や期待される効果などについて話します。

カウンセリングを受ける側は何をすべきかですが、これは絶対、その医者をよく観察することが大事だと思います。そのうえで、いくつか質問をしてみて反応をうかがうのも、やるべきことだと思いますが、あんまり疑心暗鬼になって質問攻めにしても、得られるものは何もないというか、まともな医者でも嫌な気分になってしまうと思います。

質問すべきことは、「先生が次回以降も私の担当として毎回治療してくださるんですか?」とか、「痛みはどのくらいでしょうか。麻酔はしてもらえますか?」とか聞くのがいいと思います。



「いいえ、毎週とっかえひっかえです」

「麻酔は難しいから、痛くても我慢しろ」




とは間違っても答えないでしょうけど(爆)、

「ご安心ください。私を含めた複数の医師で頭皮の状態をチェックしながら治療を進めていきます」

「痛みの感じ方は人それぞれですが、みなさん、我慢できる範囲とおっしゃっていますよ」


なんて答えるクリニックは、だいぶやばい(爆)です。ご注意を。

薄若丸


2018年02月08日

HARG療法・AGAクリニックに横行するアルバイト医師にご注意を!

こんにちは、薄若丸です。

先日、某事情通(爆)から聞いた話ですが、面白&恐ろしかったので忘れないうちにご紹介。

薄若丸がずっと言い続けていることでもあるのですが、「アルバイトみたいな若造が担当するクリニックは選んじゃダメ!」というお話です。「ダメ、絶対!」です(爆)。

特にHARG療法は月1回とか3週間に1回とかそんなペースですから、毎回、施術のたびに担当の医師が違うなんてことが、結構有名なクリニックでも当たり前のように起きています。

で、恐ろしいことに彼らは初対面の患者に向かって「ほとんど前回と変わっていませんね。順調ですよ」なんて抜かします!

「おま、俺のアタマ見るの初めてやろがっ!」(大爆発)

と反論できる人はいいかもしれませんですが、普通は「はあ、よかったス」とか言ってまた次回の予約とかしてしまいます。ダメ、絶対!

で、(ここから本題)どうしてこんな事態が起きるかというと、ご想像のとおり、担当の先生が「バイトのあんちゃん」だからです。

え、いくら何でもバイトに担当なんかさせないでしょ? ちゃんとした医者でしょ??と思った方は、、、それはその通りです。つまり、「医師免許を持っている青年のアルバイト的なスポット勤務」なのです。

彼らは基本的に他の病院の勤務医であることが多く(なかには複数のバイトで回しているフリーターみたいな医師もいるそうですが)、普段はたとえば大学病院とかで働いています。そして、「研究日」と呼ばれる休日を利用して稼げるアルバイト先を、医師専門の求人サイトで見つけるのだそうです。

そして、ちょいちょいっと講習を受けると「毛髪診断士」になれるので、さらに儲けが良くなるという仕組み。。。。診断と言ってもたぶん薄若丸でもできるくらい(爆)の「ああ、全体的に薄毛が進行していますね」くらいのコメントしていればいいわけで、医者っていい身分だなと思えてしまいます。

でもね。薄若丸は大の『ブラック・ジャック』(←手塚治虫先生の漫画)ファンなのですが、医者ってもっとこう、アツい志(こころざし)みたいなのがあって欲しいんですよ。人には見せないけど、「胸の中に持ってるゾ」的なやつを。熱いハートをね。

だからそういうチャラい医者の話とか聞いてしまうと、なんだかなあ、「世の中、劣化してきているなあ」と暗い気分になってしまいます。。。。

今日は、この辺で。くれぐれも、そんなチャラ男センセーのバイト代を供給する側に回らないよう、皆さんクリニック選びは慎重に!

薄若丸

2016年07月20日

ネットで評判のHARGクリニック!?

こんにちは、薄若丸です。

HARG療法(ハーグ療法)のクリニック選びでよく質問されるのが、

「ネットのランキングで上位に来ているクリニックなんですが・・・」

「ネットの口コミも、評判悪くないみたいですが・・・」


というもの。

事前によく調べもせずにHARG療法(ハーグ療法)を受けてしまった薄若丸が言うのも変ですが(爆)

ネットの情報って、信頼しすぎないほうがいいですよ!

だって、ネット検索で引っかかる情報なんて、お金さえかければ簡単に操作できるから、小ズルい大人たちに汚染されまくった情報がどうしたって上位に来てしまうんです。

そういうある意味、情報操作(←宣伝っていうにはズルすぎますよね)

請け負う業者って山のようにいますから、ご予算に応じて「世間へのリーチを拡大」してくれるんです。こういうところ、なんだかホント嫌な世の中ですね。。。

だから、最近の10代・20代の若者とかは「ググる(←死後)なんてしないそうで、

インスタのハッシュタグ

検索かけて美味しいお店の情報とか探っているらしいですよ。

そしてもっとたくさんお金があるクリニックは、

テレビに宣伝をたくさん打てば

クリニックの本当の信頼度とは関係なく、認知度はどんどん広がるんです。

最近だと、GACKT 白衣姿や、篠崎愛ちゃん(当然、ナース姿)がサムエルの『ラストチャンス』をカバーして熱唱しちゃったりして話題の某クリニックなんて、薄若丸も「カウンセリングくらい受けてみようかな?」なんて思いますもの(爆)

このAGAスキンクリニック(←実名(。・ ω<)ゞ)が悪徳な商売をしている!

と言いたいわけではないですが

でもこれって、

CMいくらかかってんの?

そして、

そのお金、治療費に乗ってんでしょ?

って話ですからね。

当然ですよ。みーんな、商売ですから。


まあ、とはいえ薄若丸も、まさにそんな

ネットの情報でしかない(自爆)

ので、エラそうなことは言えないのですが・・・。


しかし愛ちゃん、かわいい〜!(←おいおい、オッサン・・)
きっとこの歌も修正かけまくってるんでしょうけどネ!


すみません、ほろ酔いで支離滅裂かもしれませんが、
最近気になったことを綴りました。

おやすみなさい。

 
>>薄若丸へのご相談・ご質問はこちらの記事を読んでから!

2016年04月25日

悪徳HARGクリニックへのハマり方

こんにちは、薄若丸です。

しばらく間が空いてしまいましたが、前回までに
レポートした悪徳クリニックのルポに多くの反響を
いただきまして、ありがとうございます!

そのなかで多くの人が触れていたのが
「HARG療法(ハーグ療法)の価格について」でしたので、
本日はそのあたりに少々触れてみたいと思います。

もともと高額医療の部類に属するHARG療法(ハーグ療法)ですが、
クリニックによっては(というか多くのクリニックが)

お試しHARGキャンペーン

HARGモニターキャンペーン


などを謳って、割安感を煽っていますよね。

はっきり言うと、こういうアピールの仕方をするHARGクリニックは

まず怪しい・・・!

と思ったほうが良いでしょう。
実際に行った人によると、だいたい以下のような流れになるそうです。

1.割安価格に釣られ無料HARGカウンセリングを受ける

  ↓↓↓↓

2.あーこれは意外とAGAが進んでますね〜と言われる(爆)

  ↓↓↓↓

3.範囲も全体に広がっていますね〜と言われる(爆・爆)

  ↓↓↓↓

4.HARGだけでなく内服薬と塗り薬とスペシャルマッサージも毎回受けたほうが効果が早いでしょうね〜と言われる(オプション攻撃!)

  ↓↓↓↓

5.お金がご心配なら、お支払いはローンをご紹介しますよ〜と言われる(受けてもない治療にローン固め!)

  ↓↓↓↓

6.驚くほど簡単にローン審査が通る(これ喜んじゃダメなところですよ)

  ↓↓↓↓

7.お金がもったいないのと、自分の判断が間違ってなかったと証明したい衝動で半分後悔しつつHARGクリニックに通う(悲・・)

  ↓↓↓↓

8.何度か受けても全然効果が出ないので、治療中止と返金を申し出る(怒)

  ↓↓↓↓

9.ほぼ返金が認められず泣き寝入り・・・(号泣)
※怖いお兄さんが出てくるかどうかは薄若丸は知りません

  ↓↓↓↓

10.コンプレックスなので誰にも言えず黙っている(←ここ大事)


という10段階を経て、HARG悪徳クリニックとの付き合いが終わるのですが、

新宿・歌舞伎町あたりのボッタクリキャバクラとかと違って、

オレこの前、ヒドイ目に遭ってサー

とか人に言いにくいのが、こういう商法の無くならない原因となっているんですね。

典型的かつ古典的なのが包茎手術のクリニックで(爆)、

「あーこりゃ思ったよりひどいね、3万のコースだとちょっと無理だね、君のはちょっと深刻だ。でも今なら大丈夫だからお金ちょっと余計にかかるけど、頑張って受けたほうがいいよ」

とか必ず言われるなんてがありましたよね。

※今の包茎手術事情がどうなのかは薄若丸には不明です。というか、昔のも「聞いた話」ですヨ(キッパリ)! ちなみに今現在もHARG治療(ハーグ治療)と包茎手術を両方やっているクリニックっていうのもありますが(爆)、そこが悪徳かどうかはいやはやなんとも(苦笑)。。。。

薄若丸


 
>>薄若丸へのご相談・ご質問はこちらの記事を読んでから!