薄毛に悩む30代AGAサラリーマン薄若丸がHARG療法(ハーグ療法)に挑戦し、薄毛状態から回復できた履歴を記録として書き綴ったブログです。

HARG療法(ハーグ療法)のクリニック選びのポイントからHARG治療(ハーグ治療)体験、お寄せ頂きましたHARG体験や他クリニック、悪徳クリニックの情報など下記の目次(インデックス)より掲載内容を一覧でご覧いただけます。

各目次は上から順に時系列順にならんでいますので薄若丸がどんな気持ちで薄毛治療に臨み、どのような過程を経て薄毛から回復できたのかがわかるようにまとめてみました。

1kaime.JPG4kaime.JPG

【画像】HARG療法(ハーグ療法)治療前と治療後の比較画像(薄若丸)
薄若丸の治療前、治療後の詳細比較写真です

【まとめ】HARGクリニックを選ぶ際の注意点
HARG療法(ハーグ療法)を受けるにあたってクリニック選びは最重要課題のひとつです。HARGクリニックの選択一つで生えるか生えないかの明暗が分かれます。そのクリニック選びのポイントが記載された記事まとめがこちらです→ここをクリック

【まとめ】体験レポ・HARG療法(ハーグ療法)について詳しく知りたい方向け
HARG療法(ハーグ療法)を受けた際の体験レポート記事を中心にまとめてあります。予約してから初回の診察、麻酔、HARG治療の体験について詳しく知りたい方はこちらのまとめをご覧ください→ここをクリック

【まとめ】お寄せ頂きました情報・感想・体験情報
薄若丸が紹介したクリニックでHARG療法(ハーグ療法)を試した方からの情報や他クリニックを利用した方からお寄せ頂きました情報が記載された記事のまとめです。→ここをクリック

【まとめ】HARG療法(ハーグ療法)を使った毛髪メンテナンス
髪の毛を維持するためにメンテナンスは欠かすことができません、HARG療法(ハーグ療法)を受けた後に行ったメンテナンス情報が記載された記事まとめがこちらです→ここをクリック

【まとめ】女性の薄毛、HARG療法(ハーグ療法)は女性にも効く治療法です
女性の薄毛を治療できる唯一の選択肢がHARG療法(ハーグ療法)です、女性の薄毛に関する情報が記載された記事まとめがこちらです。→ここをクリック

【まとめ】HARG療法(ハーグ療法)周辺情報まとめ
HARG療法周辺情報が記載された記事まとめです→ここをクリック

薄若丸に質問・相談してみたい人はこちら→ここをクリック


2017年01月14日

重大な発表!

こんにちは、薄若丸です。

今日は重大な発表があります。

(以下、もったいぶってプロローグです。回想シーンね。)

あまり予備知識もなく、思い切ってHARG療法を受けてみたのが2010年のこと。

同時にこのブログを開始した当初は、果たして本当に抜けた毛が生えてくるのか、あるいは高額なインチキ療法か、不安でたまりませんでした。

でも、幸運なことに、優秀なクリニックを引き当てたようで、薄若丸の髪の毛は見事に復活しました。Dr.HARGには、本当に感謝の言葉しかありません。


(回想シーン終わり。チーン)

でも、このブログでは原則的に(想像できる要素はちょいちょいありますが)クリニックの名前は公表してきませんでした

その理由は、実名まで公開してしまうと、なんだか宣伝ぽくなってしまうのは嫌だなと思ったから。ちなみに、個別メールでご相談いただいた方々には、(悪徳クリニックのことも含めて)すべて実名で丁寧にHARGクリニックの紹介をしています。

同じ理由で広告バナーも、途中から一切表示しないように切り替えました。

この方針で、わざわざご相談のメールを送ってくれる方には、オススメのHARGクリニックを実名でご紹介して、薄若丸と同じように髪の毛が回復した多くの人たちから、感謝の言葉をいただいて、薄若丸もそれが嬉しくてこのブログを続けてきました。

しかしながら、近頃、薄若丸はとっても忙しくなってきました。本業が・・・。相変わらず薄給のサラリーマンで、仕事量ばっかり増えて給料はほぼ横ばいなのですが(涙)。

なので、これまでの方針を変更しようと思いました。

Dr.HARGのクリニックを実名で紹介するブログに方針転換したいと思います。すでに、Dr.HARGご自身にも相談済みで、公表することに快諾をいただいています。

Dr.HARGのクリニックとは、、

そのクリニックの実名とは、、、、

本当の名前とは。。。。!

すみません、感極まって次回に続きます(爆)
タグ:Dr.HARG
posted by 薄若丸 at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせなど

2017年01月11日

薄若丸のHARG療法(ハーグ療法)Q&A vol.06 HARGは高すぎる?

【薄若丸のHARG療法(ハーグ療法)Q&A vol.06】
Q.

HARG療法(ハーグ療法)は、高すぎませんか?

A.
お金の問題は、なかなか難しいですが、たとえば月1万円でプロペシアを飲み続けるとしたら、積み重なると結構な合計金額になってしまいます。

それを一度にどーんと払うのがHARG療法(ハーグ療法)・・・と言ったら乱暴な話ですが、でもそれで
生えるなら、毎日錠剤飲んだりするよりいいよな、という考えで薄若丸はHARG療法(ハーグ療法)を受ける決断をしました。

あと、苦しいときの支払いのテクニック(?)として、最後のほうはカードの分割払いを活用しました。

Dr.HARGのクリニックでは当時、普通に1回払いでしか受け付けてくれなかった(たぶん今もそう)のですが、カード会社のウェブサイトで、あとからリボ払いに変更することができるのを知って、やや命拾いしたのはもう遠い昔の思い出です(爆)。

ちなみに、vol.03でも書きましたが、HARG療法(ハーグ療法)は1回や2回だけ受けても効果が得られることはまずないので、とりあえず持ち金で1回だけ受けてみる!っていうのはあんまり意味がないのでやめたほうがいいです。

そうそう、大事なことを忘れていました。

Dr.HARGのクリニックは、支払いが都度払いです。つまり、1回ごとの支払いなので、万が一、このクリニックは合わないとかなった場合には、次から行かなければいい。

最初に6回分セットで支払うとか、高額すぎるし、途中でやめてしまってローンだけ残ってる・・・みたいな事態は避けたいところ。なので、変なクリニックでローンなんか組んじゃ絶対だめですよ!

ではでは。

>> Dr.HARGへの無料カウンセリングお申込みはこちらから
 
>>薄若丸へのご相談・ご質問はこちらの記事を読んでから!

2017年01月05日

薄若丸のHARG療法(ハーグ療法)Q&A vol.05 発毛効果の持続性

【薄若丸のHARG療法(ハーグ療法)Q&A vol.05】
Q.

HARG療法(ハーグ療法)は、一度生えたらずっとそのまま
効果が持続するのですか?

A.
答えはNOです。

そんな、一生効果が持続する成長因子なんてあったら逆に怖いです。

それに、HARG療法(ハーグ療法)は、ホルモンに作用するような治療ではないので、(毎晩セックスしてようが、オナ禁してようが)男性の場合は睾丸でテストステロンが作られている限りは、また薄毛の波が押し寄せてくるのは、避けることができません。

というわけで、半年に一回はメンテナンス治療としてHARG療法(ハーグ療法)を続けるのがよいですよ、という説明を多くのクリニックがしています。

これについては、薄若丸の経験から言って、半年に1回というのをきっちり守る必要は全くありません。なぜなら、人によって、「薄毛の波」がどれくらい押し寄せてくるかが違いますし、発毛サイクルが一度正常に戻ったことでそこからあとは特にメンテナンスしなくても維持できているという人も、実は結構いるようですから。

ご参考までに薄若丸は、ほぼ9ヶ月に1回くらいのペースでメンテナンスを受けています。Dr.HARGも「半年に一回というのはあくまでも目安です」とおっしゃっていて、メンテナンスで予約をとって来院しても、必要がなければ治療せずに返すこともあるそうです。

ではでは。

>> Dr.HARGへの無料カウンセリングお申込みはこちらから
 
>>薄若丸へのご相談・ご質問はこちらの記事を読んでから!

2017年01月02日

薄若丸のHARG療法(ハーグ療法)Q&A vol.04 HARGは痛い?

新年あけましておめでとうございます。
今年もHARG療法(ハーグ療法)のブログ、がんばりますので、よろしくお願いします。

では、早速!

【薄若丸のHARG療法(ハーグ療法)Q&A vol.04】
Q.

HARG療法(ハーグ療法)の注射は痛いんですか?

A.
これもよくいただく質問です。気になりますよね(笑)。

結論から言うと、クリニックによります。
Dr.HARGのクリニックだったら、HARG療法(ハーグ療法)の注射そのものは、無痛です。唯一、その前の麻酔の注射が痛いですが、点滴の注射より少し痛いくらいのレベルと言ったらいいでしょうか。

ちなみに、ブログでも何度か指摘してきましたが、HARG療法(ハーグ療法)を扱っているクリニックでも、麻酔はナシ!
というクリニックはかなり多くて、麻酔ナシだとやっぱりそれなりに痛いです。

「耐えられない痛みということはありません」

とか

「極細針で頭皮の浅い部分に刺すので・・」

とか

「チクッ、チクッという程度」

とか、書いてますけどね。ウソばっかり(爆)。

麻酔ナシだと、当然痛いです。
頭皮に、浅くとはいえ、細い針とはいえ、一度に数百回も麻酔ナシで注射されて、痛くないわけないですよね。
スタンプとかローラーとかを使うクリニックもありますが、そっちは今度は効果のほうが微妙となってきます。
やはり熟練の技で頭皮から血が出ないように(注:血が出るイコール、深く刺しすぎです。痛いだけでなく、HARG液の成長因子が血液に乗って全身に回ってしまい、発毛効果は期待できなくなります。)浅く浅く刺してくれるクリニックを選ぶべきかと思います。

麻酔に関しては、「希望者には別料金で麻酔もできます」というクリニックもありますが、こういうクリニックでは実際に麻酔を実施するケースはかなり少ないと思います。なぜなら、「多少痛くても安くあげたい」「みんな麻酔なしなんだし」という心理が働くのと、クリニック側も、麻酔はきっと強く推奨しないと思います。

結局のところ、麻酔って医療事故のリスクも高いので、専門的な技術と臨床実績がないと、なかなかメニューにするのが難しいというのが一番の理由のようです。
少なくとも、日替わりで「医師の指導の下、治療を行う担当者」なんかには麻酔なんて怖くて任せられませんから・・・(爆)。

ではでは。

>> Dr.HARGへの無料カウンセリングお申込みはこちらから
 
>>薄若丸へのご相談・ご質問はこちらの記事を読んでから!
タグ:出血 HARG治療