◆◇はじめてのかたへ◇◆

このブログでは、最先端の薄毛治療「HARG療法」の体験レポ&口コミ情報を発信しています。薄若丸は、2010年にHARG治療のおかげで見事に薄毛から回復し、それから8年以上も維持できています! メンテナンス治療も何度となく受けていますが、副作用ももちろんありません。 パチパチ!

■薄若丸ブログの「まとめ」
これさえ読めばOK!「5分でわかる薄若丸HARG物語」としてまとめてみました。

■薄若丸のHARG療法の画像公開!
HARG療法を受けたクリニックで撮影した画像を公開。(初公開時の記事です)

■最初から読む(結構時間がかかります 汗)
最初からご覧になりたい場合はこちら。時間軸に沿った100%ノンフィクションの
HARG療法体験レポートです。

2459.gif
お悩み相談、クリニック相談は、この記事を読んでから直接メールをください。

2017年09月01日

ヘアサロンで薄毛の悩みを相談すると「大事な客」として扱われる件

こんにちは、薄若丸です。

薄毛に悩み始めた頃、薄若丸はヘアサロン(というより散髪屋さんといったほうが似合うような、お洒落感ゼロのお店ですが。。。爆)に行くのがとにかく苦痛でした。

短くすると薄毛が目立つかもという恐怖があるし、かといって長髪でもペタッとしてしまいそうで、なんとオーダーすればよいのやら。結局いつも、「前回と同じでさっぱりしてください」くらいしか言えない・・・。

でも、HARG療法で薄毛から脱出できた今は、違います! エヘンッ

あえて自分から「ちょっと薄毛も気になるんで、なるべく目立たないような長さにしてください」なんて言ってオーダーしています。

(そうすると、美容師のお兄さんが「いや、薄若丸さん、まだそんなに心配しなくてもぜんぜん薄毛じゃないですよ」とか言ってくれるのが嬉しかったりもします。なんと複雑なオヤジゴコロ・・・爆!)

で、薄毛を心配していることを積極的に口にしていると(といいつつHARG療法を受けたことは内緒なんですが テヘペロ)、ヘアサロンでの接客がとても濃密になることに気づきました。

美容師さんがいろいろアドバイスしてくれたり、頭皮マッサージを多めにしてくれたり、シャンプーを変更してくれたり、勝手にサービスしてくれちゃうことが多くなるのです。

どうしてそうなるのか考えてみたのですが、おそらく、ヘアサロンにとっては、こういった「髪の悩みを打ち明けてくれるお客さん」っていうのは、ものすごくチャンスなんじゃないかと。つまり、そこで悩みに寄り添ってソリューション(←解決策ね)を提示できれば、そのお客さんはロイヤルカスタマーになってくれる可能性が高いから、全力でサポートしてくれるというわけです。

この仮説、何人かの美容師さんで同じ印象を受けたので、けっこう当たってるんじゃないかと思います。
そして全力になれるヘアサロンほど繁盛しているし、いいヘアサロンなのだと思います。

逆に言うと、「ちょっと薄くなってきて心配なんスよねー」ってつぶやいてみて、「はい、いつも通り切りましたー」みたいな対応のヘアサロンは、そのうちお客が来なくなって潰れるでしょうから、通うのはやめたほうがいいでしょう。


というわけで、「ヘアサロンでは思い切って薄毛の心配を宣言したほうが絶対イイコトあるゾ!」というお話でした。



※継続募集中の四谷ローズクリニック特別割引制度第2弾ですが、キャンセルもあり、まだ若干名ご案内できます。お早めにどうぞ!

2017年08月26日

やはり暑さは薄毛の天敵のようです・・・

こんにちは、薄若丸です。

なんだか先週までは曇りばっかりでしたが、「(曇りは)鬱陶しいけど、炎天下で仕事で外出する(=同僚とか一緒だから帽子かぶれない)よりは頭皮への直射日光を避けられるから、メリット多し!」なんて心の中で喜んでいました。

が、昨日とか今日とか、かなり暑いです。。。夏は終わってなかったようです。
薄若丸は完全に油断しててジャケットにネクタイまでして外を昨日と今日で1時間以上歩きました(爆死)。

スポーツで汗かくのは好きなんですが、仕事中は気持ちが悪いのと、やっぱり気になるのは髪の毛のコンディションのことです。当然、汗まみれ&脂まみれになってくると、夜には髪がぺったりしてきてしまいます。
HARG療法のおかげで薄毛から回復したとはいえ、それこそ油断できない状況に・・・。

ただ、気にしててもしょうがないので、トイレに行って「まあ大丈夫じゃん!」ってことを確認したら、あとは大丈夫です。HARG療法を受けるちょっと前のように、気にして髪の毛触ったりしているのが、一番危険だと思います。なんか周囲にも「気にしてるんだな」って、わかっちゃいますから!

ともあれ、薄毛がどうしても気になってしまう季節です。まだまだ残暑も続きます。
本格的に薄毛対策を!という方には、ぜひ、HARG療法をオススメします! 

四谷ローズクリニック特別割引制度第2弾(詳細は一つ前の投稿をごらんください)ですが、まだ若干名ご案内できます。お早めにどうぞ!

薄若丸

2017年08月18日

第2期「四谷ローズクリニック特別割引制度(5名先着)」、決まりました!

こんにちは、薄若丸です。

お待たせしました、前回大・大・大好評をいただいた「四谷ローズクリニック特別割引制度」ですが、もっと皆さんのご期待に応えたい一心で(爆)、吉澤院長と交渉いたしました。

で、何事にも即断即決が信条の吉澤先生ですから(←勝手に推察)、

「どうしても薄毛が気になってしまう夏・・・わかりました、皆さんの期待に応えましょう!」

と気持ち良いご回答をいただきました! イヨッ 大統領!


5名様に前回同様の「初回HARG治療費3万円割引」が決定です!


(ちなみに「先生、10名でもいいでしょうか?」とバカのふりして聞いてみたら、「いえ、5名でお願いします」と笑顔で即決されました(爆))


。。。以下、冷静に戻って、募集条件です。

【募集条件】
5名様
・年齢/性別不問。
・薄若丸からの紹介でHARG治療の無料カウンセリングを受け、Dr.HARGも患者さんも納得し、HARG治療を実施することになったかた。
・あくまでも薄若丸から四谷ローズクリニックへの新規紹介者を対象とする割引制度ですので、これまでに四谷ローズクリニックと何らかのコンタクトを取ったことのある人(お問い合わせ、カウンセリング、治療など)は対象外です。
・初回HARG治療費の3万円を割引きます。
・募集期間は本日より先着5名様。6名様以降はキャンセル待ちとしてエントリーさせていただきます。

【応募方法】
薄若丸への相談メールのフォーマットでタイトルまたは本文に「特別割引希望」とお書き添えください。

【当選結果の発表】
なるべく早く薄若丸からメールで返信させていただきます。

【当選したら?】
当選された方は、1ヶ月以内に四谷ローズクリニックで無料カウンセリングを受けてください。
治療方針や価格などにご納得いただき、カウンセリングから2週間以内にHARG治療を受けた場合のみ、初回治療費のみ3万円が割り引かれます。
※上記期間が過ぎて当選者が権利を失った場合は、次の人が繰り上がり当選になることとします。


posted by 薄若丸 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせなど

2017年08月12日

HARG療法は「高額」なのか、もう一回考えた

こんにちは、薄若丸です。

HARG療法の効果に注目しながら、「総額で100万円ちょっとかかる場合が多い」とお伝えすると、「やっぱり治療は断念する」とおっしゃる方が、薄若丸への相談者の中にもいらっしゃいます。

「100万円も支払うほど悩んでないから!」という結論ならば、それでよいと薄若丸は思います。100万円あったら結構いろんなことができるし、欲しいものだって買える。家族や子供がいる方ならなおさらでしょう。

でも、「そんな大金払えないから、プロペシアにしまーす!」っていうのなら、「ちょっとまったぁあ!」と大声を上げたい(爆発)!

なぜか。ってもうこのブログを読んでいらっしゃる人なら何度か読まれたことあるかもしれませんが、プロペシアにお金を払い続けた場合の総額って、意外とすぐに100万円を超えちゃうからです!

(ちょっと計算すればわかりますが、プロペシアなどの費用を年間10万円に抑えたとしても、10年以上飲み続けたら逆転しますよね。仮に30歳から飲み始めて40歳になって飲むのを中止できますか!? 20年飲んだら200万ですよー!)

さらに、説得を続けます(爆)。
この表も、きっとどこかでご覧になったことがあるはずです。

(※クリックすると拡大します)
img_hamipic.jpg

ナンチャラ・ハミルトン博士(←ウロ覚え!)による、AGAの進行状況の一覧表です。

はい、ここで質問です。プロペシアとかミノキシジルって、どの段階の薄毛まで効果的と思いますか?

答えは、I〜III。自分じゃまだ大丈夫と思っているくらいの初期のAGAにのみ効果的です。(といいつつ60%くらいの人にしか効果が出ないというトラップもあります。)

ちなみに、なんでI〜IIIしか効かないかというと、「プロペシア→今ある毛の抜け毛を防ぐ」「ミノキシジル→うぶ毛を太くする」という薬だから。つまり髪の絶対数そのものが減ってしまった状態だと(IVとかV)、焼け野原に残った木が抜けにくくなったり幹が太くなったりする程度ってことです。

ではHARG療法だとどうか。答えは、I〜Vまで効果があります。なぜなら発毛を促す治療だから。

当然、進行したAGAにはHARGの治療回数も増やさなくてはならないでしょうけど、発毛率で言ってもほぼ100%なのだから、どちらかの治療を受けるとしたら、「やる価値のある治療」はHARG療法だと薄若丸は思っています。

薄若丸

2017年09月01日

ヘアサロンで薄毛の悩みを相談すると「大事な客」として扱われる件

こんにちは、薄若丸です。

薄毛に悩み始めた頃、薄若丸はヘアサロン(というより散髪屋さんといったほうが似合うような、お洒落感ゼロのお店ですが。。。爆)に行くのがとにかく苦痛でした。

短くすると薄毛が目立つかもという恐怖があるし、かといって長髪でもペタッとしてしまいそうで、なんとオーダーすればよいのやら。結局いつも、「前回と同じでさっぱりしてください」くらいしか言えない・・・。

でも、HARG療法で薄毛から脱出できた今は、違います! エヘンッ

あえて自分から「ちょっと薄毛も気になるんで、なるべく目立たないような長さにしてください」なんて言ってオーダーしています。

(そうすると、美容師のお兄さんが「いや、薄若丸さん、まだそんなに心配しなくてもぜんぜん薄毛じゃないですよ」とか言ってくれるのが嬉しかったりもします。なんと複雑なオヤジゴコロ・・・爆!)

で、薄毛を心配していることを積極的に口にしていると(といいつつHARG療法を受けたことは内緒なんですが テヘペロ)、ヘアサロンでの接客がとても濃密になることに気づきました。

美容師さんがいろいろアドバイスしてくれたり、頭皮マッサージを多めにしてくれたり、シャンプーを変更してくれたり、勝手にサービスしてくれちゃうことが多くなるのです。

どうしてそうなるのか考えてみたのですが、おそらく、ヘアサロンにとっては、こういった「髪の悩みを打ち明けてくれるお客さん」っていうのは、ものすごくチャンスなんじゃないかと。つまり、そこで悩みに寄り添ってソリューション(←解決策ね)を提示できれば、そのお客さんはロイヤルカスタマーになってくれる可能性が高いから、全力でサポートしてくれるというわけです。

この仮説、何人かの美容師さんで同じ印象を受けたので、けっこう当たってるんじゃないかと思います。
そして全力になれるヘアサロンほど繁盛しているし、いいヘアサロンなのだと思います。

逆に言うと、「ちょっと薄くなってきて心配なんスよねー」ってつぶやいてみて、「はい、いつも通り切りましたー」みたいな対応のヘアサロンは、そのうちお客が来なくなって潰れるでしょうから、通うのはやめたほうがいいでしょう。


というわけで、「ヘアサロンでは思い切って薄毛の心配を宣言したほうが絶対イイコトあるゾ!」というお話でした。



※継続募集中の四谷ローズクリニック特別割引制度第2弾ですが、キャンセルもあり、まだ若干名ご案内できます。お早めにどうぞ!

2017年08月26日

やはり暑さは薄毛の天敵のようです・・・

こんにちは、薄若丸です。

なんだか先週までは曇りばっかりでしたが、「(曇りは)鬱陶しいけど、炎天下で仕事で外出する(=同僚とか一緒だから帽子かぶれない)よりは頭皮への直射日光を避けられるから、メリット多し!」なんて心の中で喜んでいました。

が、昨日とか今日とか、かなり暑いです。。。夏は終わってなかったようです。
薄若丸は完全に油断しててジャケットにネクタイまでして外を昨日と今日で1時間以上歩きました(爆死)。

スポーツで汗かくのは好きなんですが、仕事中は気持ちが悪いのと、やっぱり気になるのは髪の毛のコンディションのことです。当然、汗まみれ&脂まみれになってくると、夜には髪がぺったりしてきてしまいます。
HARG療法のおかげで薄毛から回復したとはいえ、それこそ油断できない状況に・・・。

ただ、気にしててもしょうがないので、トイレに行って「まあ大丈夫じゃん!」ってことを確認したら、あとは大丈夫です。HARG療法を受けるちょっと前のように、気にして髪の毛触ったりしているのが、一番危険だと思います。なんか周囲にも「気にしてるんだな」って、わかっちゃいますから!

ともあれ、薄毛がどうしても気になってしまう季節です。まだまだ残暑も続きます。
本格的に薄毛対策を!という方には、ぜひ、HARG療法をオススメします! 

四谷ローズクリニック特別割引制度第2弾(詳細は一つ前の投稿をごらんください)ですが、まだ若干名ご案内できます。お早めにどうぞ!

薄若丸

2017年08月18日

第2期「四谷ローズクリニック特別割引制度(5名先着)」、決まりました!

こんにちは、薄若丸です。

お待たせしました、前回大・大・大好評をいただいた「四谷ローズクリニック特別割引制度」ですが、もっと皆さんのご期待に応えたい一心で(爆)、吉澤院長と交渉いたしました。

で、何事にも即断即決が信条の吉澤先生ですから(←勝手に推察)、

「どうしても薄毛が気になってしまう夏・・・わかりました、皆さんの期待に応えましょう!」

と気持ち良いご回答をいただきました! イヨッ 大統領!


5名様に前回同様の「初回HARG治療費3万円割引」が決定です!


(ちなみに「先生、10名でもいいでしょうか?」とバカのふりして聞いてみたら、「いえ、5名でお願いします」と笑顔で即決されました(爆))


。。。以下、冷静に戻って、募集条件です。

【募集条件】
5名様
・年齢/性別不問。
・薄若丸からの紹介でHARG治療の無料カウンセリングを受け、Dr.HARGも患者さんも納得し、HARG治療を実施することになったかた。
・あくまでも薄若丸から四谷ローズクリニックへの新規紹介者を対象とする割引制度ですので、これまでに四谷ローズクリニックと何らかのコンタクトを取ったことのある人(お問い合わせ、カウンセリング、治療など)は対象外です。
・初回HARG治療費の3万円を割引きます。
・募集期間は本日より先着5名様。6名様以降はキャンセル待ちとしてエントリーさせていただきます。

【応募方法】
薄若丸への相談メールのフォーマットでタイトルまたは本文に「特別割引希望」とお書き添えください。

【当選結果の発表】
なるべく早く薄若丸からメールで返信させていただきます。

【当選したら?】
当選された方は、1ヶ月以内に四谷ローズクリニックで無料カウンセリングを受けてください。
治療方針や価格などにご納得いただき、カウンセリングから2週間以内にHARG治療を受けた場合のみ、初回治療費のみ3万円が割り引かれます。
※上記期間が過ぎて当選者が権利を失った場合は、次の人が繰り上がり当選になることとします。


posted by 薄若丸 at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせなど

2017年08月12日

HARG療法は「高額」なのか、もう一回考えた

こんにちは、薄若丸です。

HARG療法の効果に注目しながら、「総額で100万円ちょっとかかる場合が多い」とお伝えすると、「やっぱり治療は断念する」とおっしゃる方が、薄若丸への相談者の中にもいらっしゃいます。

「100万円も支払うほど悩んでないから!」という結論ならば、それでよいと薄若丸は思います。100万円あったら結構いろんなことができるし、欲しいものだって買える。家族や子供がいる方ならなおさらでしょう。

でも、「そんな大金払えないから、プロペシアにしまーす!」っていうのなら、「ちょっとまったぁあ!」と大声を上げたい(爆発)!

なぜか。ってもうこのブログを読んでいらっしゃる人なら何度か読まれたことあるかもしれませんが、プロペシアにお金を払い続けた場合の総額って、意外とすぐに100万円を超えちゃうからです!

(ちょっと計算すればわかりますが、プロペシアなどの費用を年間10万円に抑えたとしても、10年以上飲み続けたら逆転しますよね。仮に30歳から飲み始めて40歳になって飲むのを中止できますか!? 20年飲んだら200万ですよー!)

さらに、説得を続けます(爆)。
この表も、きっとどこかでご覧になったことがあるはずです。

(※クリックすると拡大します)
img_hamipic.jpg

ナンチャラ・ハミルトン博士(←ウロ覚え!)による、AGAの進行状況の一覧表です。

はい、ここで質問です。プロペシアとかミノキシジルって、どの段階の薄毛まで効果的と思いますか?

答えは、I〜III。自分じゃまだ大丈夫と思っているくらいの初期のAGAにのみ効果的です。(といいつつ60%くらいの人にしか効果が出ないというトラップもあります。)

ちなみに、なんでI〜IIIしか効かないかというと、「プロペシア→今ある毛の抜け毛を防ぐ」「ミノキシジル→うぶ毛を太くする」という薬だから。つまり髪の絶対数そのものが減ってしまった状態だと(IVとかV)、焼け野原に残った木が抜けにくくなったり幹が太くなったりする程度ってことです。

ではHARG療法だとどうか。答えは、I〜Vまで効果があります。なぜなら発毛を促す治療だから。

当然、進行したAGAにはHARGの治療回数も増やさなくてはならないでしょうけど、発毛率で言ってもほぼ100%なのだから、どちらかの治療を受けるとしたら、「やる価値のある治療」はHARG療法だと薄若丸は思っています。

薄若丸

薄毛に悩む30代AGAサラリーマン薄若丸がHARG療法(ハーグ療法)に挑戦し、薄毛状態から回復できた履歴を記録として書き綴ったブログです。
おかげさまで、こんな感じ(↓)に回復しましたヽ(*^ω^*)ノヤッター

1kaime.JPG4kaime.JPG

【画像】HARG療法(ハーグ療法)治療前と治療後の比較画像(薄若丸)
薄若丸の治療前、治療後の詳細比較写真です