薄毛に悩む30代AGAサラリーマン薄若丸がHARG療法(ハーグ療法)に挑戦し、薄毛状態から回復できた履歴を記録として書き綴ったブログです。
おかげさまで、こんな感じ(↓)に回復しましたヽ(*^ω^*)ノヤッター

1kaime.JPG4kaime.JPG

【画像】HARG療法(ハーグ療法)治療前と治療後の比較画像(薄若丸)
薄若丸の治療前、治療後の詳細比較写真です

最新記事はこちらから(↓)

2016年12月21日

プロペシアをやめる勇気

こんにちは、薄若丸です。

これからHARG療法(ハーグ療法)を受けようかどうしようかと悩みながら、AGAのクリニックに通っている人って、結構多いと思います。

つまり、プロペシアに代表される飲み薬を処方してもらいにクリニックに通っているという状態ですね。

薄若丸は何度もこのブログでも書きましたが、プロペシアをはじめとする内服薬は一切拒否!というか一度も飲んだことがありません。


理由は単純です。

●副作用が怖い

●そこそこしか効かない

●何かを飲んで毛が生えるって仕組みが分からなすぎて怖い

●毎日飲むのは面倒くさい(そのたびに薄毛を意識するのがツラい!)

●一生薬を飲み続けるって、どう考えても嫌!



これらに尽きます。

でも世の中には、きっちりした律儀な人(?)もいて、


「毎日プロペシアを飲み続けて、もう3年です。」

「正直、現状維持できているかどうか・・・でも少しでも効果があるようなので仮に服用を止めたとして、
ごっそり抜けるが怖くて止められない」

「むしろ毛の量が減ったので、さらに強い薬を検討中です」



などとおっしゃる相談者がたくさんいらっしゃいます。

でもこれ、

絶対どうにかしたほうがいい

と思います。

月に1万円以下で続けられるプロペシアも、長期で続ければお金がかかり続けることになり、その結果、もし最初からHARG療法(ハーグ療法)を受けてたら、しっかり治療完了できるほどのお金をつぎ込んでしまっていた!ってことになります。

薬が効いているかどうかを判断するのは、どんなに長くても半年から1年もあれば充分。
それ以上継続するのはちょっと考え直したほうがいいと、薄若丸は思います。
 
>>薄若丸へのご相談・ご質問はこちらの記事を読んでから!

2016年09月15日

HARG療法(ハーグ療法)の噂〜癌になる!?

こんにちは、薄若丸です。

いつもよく、

「HARGの副作用って本当にないんですか?」

「本当に安全なんですか?」


という質問をいただきます。

薄若丸はHARG療法(ハーグ療法)をメンテナンスも含めてもう何回も受けていますが、少なくとも、感じられる副作用はまったくありません

むしろ精神的にも前向きになって、髪も回復したし、

イイコトだらけ!

と思っているのですが、この前、ある人から教えていただいた、

HARGを受けると癌になるという噂

には、正直ギョッとしました。

だって、たとえハゲが治っても、癌になって苦しんで治療を受けなきゃいけないなんて本末転倒ですから!

でもよくよく調べてみてもその根拠は発見できなくて、

「(HARG療法によって注入された)成長因子が細胞を活性化させるため、もともと癌細胞が身体にある人は、その癌細胞も活性化されて、癌が進行する恐れがある・・・」

という説を唱えるウェブサイトはありました。

これもまたホントかなあとも思いつつ、薄若丸は癌は今のところないようなので、安心です。

もうひとつ別のところでは、

抗がん剤治療で抜けてしまった髪を、HARG療法で再生することができるかどうかについて、毛根がやられてしまっている場合には難しいが、そうでなければ再生可能というような記述もありました。

というわけで結論としては、HARG療法(ハーグ療法)を受けると癌になるという噂は、

根拠のない噂

のようですが、上記のような記述が掲示板の書き込みなどのフィルターを通ると、そういう変な噂になってくるのかなと推測しています。。。

しかし、こういうHARG療法(ハーグ療法)にまつわるホントかウソか分からない情報こそ、今後も当ブログで積極的に取り上げて検証していきたいと思います。キリリッ
 
>>薄若丸へのご相談・ご質問はこちらの記事を読んでから!

2016年09月09日

HARGメンテナンス治療の効果

こんにちは、薄若丸です。

少し前に、ひさびさのHARGのメンテナンス治療を受けてきたのですが、そのおかげで、ここのところ数週間、髪の毛がやっぱり元気な感じが持続しています。

シャンプーするときも、

「今日も抜けないぜ!」と、

自信を持って洗っている自分がいます(爆)

Dr.HARGのおっしゃる話では、薄若丸のように「特に毛髪の状態に大きな変化はないけれど、定期的に成長因子を再注入しておきたい」という、

いわゆる意識高い系(爆)

の人は薄若丸以外にも結構いるそうで、Dr.HARGとしても、このメンテナンス方法が一番効果的でオススメとのコト。

一方で、HARG療法(ハーグ療法)を受けてうまく髪の毛が回復したけれど、その後、またAGAの大波が押し寄せてきて抜け毛が増えてしまって来院する人もいるそうで、その場合は、1回でなくて、また1ヶ月に1回を3回とか続けて受けることになる人が多いそうです。

なので、メンテナンスは、「ちょっともったいないかなと思っても、定期的に来たほうが、結果としてお得になりますよ〜」とDr.HARG。

今回も元気を取り戻した髪の毛をカガミで見ていると、

たしかにDr.HARGの言うことも間違ってないな(←謎の上から目線)

と決意を新たにする、薄若丸なのでした。

 
>>薄若丸へのご相談・ご質問はこちらの記事を読んでから!

2016年09月01日

AGAジェネリック治療薬の信憑性

こんにちは、薄若丸です。

今日は短く。

HARG療法(ハーグ療法)を実施しているクリニックも、扱っていないクリニックでも、最近よく目立つのが、

当クリニック独自で調合・開発した錠剤を処方します!

みたいなキャッチコピー。

リ●バースとか名前がついているものもありますね。

でもこれ、本当に大丈夫なの?

前回書いた個人輸入のように、危険物質が入っているようなことはさすがにないでしょう。
けれど、でも普通にプロペシアのような効果が実証された薬のほうがいいに決まっているのに、なんでわざわざ

オリジナル(?)のスペシャル調合の錠剤

を処方するのでしょうか?

内服薬が嫌いな薄若丸の、やや斜めからの目線で見ると、きっとこれ、

その薬のほうがクリニックの儲けが多いとか、

もしくは自社製品だから「押し」でいかざるを得ないんじゃないかと。。。。

そもそも、新しい薬とか簡単に作れるものではないでしょうから、きっと今あるもの同士を混ぜたりして作っているんでしょうけど、その材料とかどこまで信用できるものでしょう?

少なくとも薄若丸のような素人には、本当にプロペシアよりも効くかどうかは判断のしようがないので、こういう根も葉もないイチャモンつけるのはどうかとも思いますが(自爆)

でもでも、

どうも怪しい気がするのです(大爆)

なので、私たちにできる予防策としては、

明確に効かなきゃ、即やめる

ってことだと思いますが、これがなかなか難しいことでもあるようですね。。。

薄若丸
 
>>薄若丸へのご相談・ご質問はこちらの記事を読んでから!